1:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:datsua
日本の昨年第4四半期の経済成長率が予想以上に鈍化したことが公表され、日本銀行が10~11日に開かれる金融政策会議で、追加刺激策を出すのか関心が集まっている。

超緩和金融政策を中心とした「アベノミクス」が、これまで日本経済の回復に実際に貢献したのかについて市場の評価は分かれている。 最近出てきたいくつかの景気指標は肯定的だった。 先週発表された日本の1月の景気動向指数は114.8で7カ月連続で上昇し、金融危機時の2008年2月以来の高値まで上昇した。 源の消費者物価指数(CPI)も昨年6月、8ヶ月ぶりにプラスに転じた後、安定した勢いに乗って、1月には前年同月より1.3%上昇した。 日本の当局が金融緩和政策の目標にしたデフレ打開がどの程度現実化したわけだ。

 しかし、安倍ノミックスがジレンマに陥っては否定的な視線も大きい。 安倍政権の会心のカードである円安が貿易赤字幅を育てて成長率をかえって低下させる結果を生んでいるからだ。 10日に発表された昨年第4四半期の実質国内総生産(GDP)成長率の確定値(前期比)は0.2%であった。 これは、既存に発表された速報値より0.1%ポイント低くなったのだ。 暫定値であった0.3%の成長率がすでに市場予測である0.7%にはるかに及ばなかったはずで、市場の失望感はより大きくなった。

日本の1月の経常収支は1兆5千890億円(約16兆4000億ウォン)の赤字で、市場の予測値である1兆4千億円の赤字を上回っただけでなく、赤字幅が前月(6000 386億円)の約2.5倍大きくなった。 日本企業の生産設備の大部分海外にあるため、輸出が円安に伴う期待感を満たしてくれるほど増えていないが、エネルギーの輸入は急増した。 来月消費税引き上げに先立って消費量が殺到するので、昨年第4四半期の成長率が良好と予想され十分に達していない指標は、アベノミクスに新たな問題を投げかけてくれるアメリカのウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は指摘した。 さらに、安倍政権は上昇する物価と共に労働者の賃金も増え、消費が活性化することを期待しているが、賃金上昇率は低調な水準に止まってている。

ブルームバーグによると、物価上昇率を考慮した日本の昨年12月の賃金は日本の厚生労働省が集計を始めた1990年以来の最低水準に下落したことが分かった。 このため、市場では、ジレンマに陥った日本の銀行が今回の会議で規模を減らしも、増やしもせず、現行の金融緩和政策を維持するとの見通しが優勢だ。 ロイター通信は「消費者物価は依然として日本の銀行の目標である2%の上昇に向かって進行しているため、今回の会議で方針は変更せずに維持されると予想される」と伝えた。

ブルームバーグが7日、経済専門家34人を対象に調査した結果でも電源が今回の日本の銀行の通貨政策会議で年間60兆070兆円の資産を買い入れる現在の通貨拡張基調が維持されるだろうと予想した。 しかし、今後、金融緩和の規模が大きくなる余地は残っていると専門家は見ている。 来月消費税が8%と3%ポイント引き上げられた後、実際の消費が萎縮して景気指標が低迷すると、その後、日本の銀行が支援するとの分析です。

スイミングNH農協証券研究員は、「日本の銀行は、追加の景気刺激策を打ち出す時期を調整している可能だろう」とし「副作用にもかかわらず、景気浮揚が必要なときに追加の量的緩和措置を実施する」と明らかにした。 彼はアベノミクスは、簡単に言うと、景気が良くなるまで景気刺激策を継続する方針ですので、消費税引き上げ後の指標が良くないなら、それを追加刺激策を出すだろう」と

(NAVERニュース:韓国語)

http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0006798053&date=20140310&type=0&rankingSectionId=101&rankingSeq=3

2:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
経済成長は、人件費の上昇を持ってこのように全体的にインフレをもたらします。しかし、今のように人為的に貨幣価値の低下を通じて物価を上昇させることは、自分自身と国民を欺くの仕業だ。経済成長がなく、多数派工作するのは最終的に勘違いによる誤判断を生むことになる。企業の実質的な競争力の上昇がないので、人件費を物価上昇だけあげてくれなくなり、国民は、一時的錯視での過剰消費した後、より多くの貧困層になった自分を発見したときの景気は、急冷する。
3:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
量的緩和は、貨幣価値を低下させ、資産価値を数値的に上昇させて、まるで財産が増えたように錯覚を与える政策である。したがって、一時的に消費が増える可能性はあるが企業の競争力が良くなったようなものではなく、ドル基準で見たときは、錯視現象に不可能である。したがって、人為的に貨幣価値調整は劇薬処方なので、一時的に使用に止めなければならないのに今のように継続すれば必ず副作用が深刻になる。
4:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
簡単に例えると、いくつかの工場があり、その工場では、古いエンジンが2つがあり..ところでその中に一つだけ戻り一つは、どのような理由で止まっていて..新しい工場長が就任して故障したエンジンに何年分燃料を注いで満タンにしろと命令した..従業員が今燃料を全部掛けで買ってきて従業員の月給を得る金もないとしたが工場長は二つのエンジンを回して物作って売れば燃料も支払えて従業員の月給も引き上げることができると..ところで燃料を注ぎ込んだがエンジンがごとんごとんと描いて回ろうとするかどうかと思うところだね..果たして回ることができるだろうか? これが回らなければ日本はなったことである..
  5:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
  >>4
  とても理解できる
6:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
これ以上の刺激策がありません。
7:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
産業構造的に日本は多くの変化が、1980年以後からあったし人口も高齢化がすでに深刻化されているなど、以前に一時うまく行った過去の光栄は再び来るはほとんど難しいと見ている。かつて朝鮮戦争の後に漁夫の利で軍需物資などを販売して急激に金持ちになった彼らは、かつての産業技術は最先端であったが、今は韓国や中国などの産業技術がむしろ最先端の部門も多く、ほとんど追いついた。日本の国内産業基盤も空洞化されて久しいうえ、円安により、エネルギー輸入額が急増し、むしろ赤字の懸念が深刻化される様相だ。
8:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
日本は米国にも舌を巻くほどどのように操作がひどいです。 GDPや1人当たりの国民所得は為替レートに基づいて計算がすごく異なる値が出ます。例えば、日本どのようになっが$ 1に78ウォン程度すると、収入が$ 45,000だったら、今$ 1で100円だから打てば$ 45,000 x ( 78円/ $ 1) x ( $ 1 / 100円) = $ 35,000です。韓国もどのようになっが890円に下げると$ 25,000 x ( 1070円/ $ 1) x ( $ 1 / 890円) = $ 30,000です。ドイツは本当にすごく過失。輸出も、韓国、日本よりも多く、経常収支の黒字がものすごく大きいです。日本は赤字ですよ。
9:2014/03/07(土) 00:00:00.00 ID:
言うまでもない日本は滅びろ

スポンサーリンク