脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【調査】 安倍内閣支持率、50%に急落、発足後最低に。秘密保護法に「不安」73%…NHK調べ

1:2013/12/09(月) 21:37:23.45 ID:
・NHKは、今月6日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に
 発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
 それによりますと、▽安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より10ポイント下がって50%で
 去年12月の第2次安倍内閣発足後、最も低くなりました。
 一方、▽「支持しない」と答えた人は、10ポイント上がって35%でした。

 支持する理由では、▽「他の内閣よりよさそうだから」が32%、▽「実行力があるから」が22%、
 ▽「政策に期待が持てるから」が19%だったのに対し、支持しない理由では、▽「政策に期待が
 持てないから」が44%、▽「人柄が信頼できないから」が19%、▽「支持する政党の内閣でないから」が
 15%、となっています。

 安倍内閣の経済政策を評価するか尋ねたところ、▽「大いに評価する」が7%、▽「ある程度評価する」が
 52%、▽「あまり評価しない」が27%、▽「全く評価しない」が9%でした。
 景気が回復していると感じるかどうかについては、▽「感じる」が16%、▽「感じない」が43%、
 ▽「どちらともいえない」が37%でした。
 先週、成立した「特定秘密保護法」を評価するかどうか聞いたところ、▽「大いに評価する」が6%、
 ▽「ある程度評価する」が27%、▽「あまり評価しない」が35%、▽「全く評価しない」が23%でした。

 また、国会審議では、行政が情報を恣意的に「特定秘密」に指定するなど、国民の「知る権利」が
 侵害される可能性が指摘されましたが、その可能性について不安を感じるかどうか聞いたところ、
 ▽「大いに不安を感じる」が27%、▽「ある程度不安を感じる」が46%、▽「あまり不安を感じない」が
 15%、▽「全く不安を感じない」が5%でした。
 さらに、特定秘密保護法を巡って、国会で議論が尽くされたと思うかどうかについては、▽「尽くされた」が
 8%、▽「尽くされていない」が59%、▽「どちらともいえない」が27%でした。(抜粋)
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131209/k10013695191000.html
続きを読む

【速報】 日本政府、在日韓国人の通名変更禁止を決定

1:2013/12/09(月) 17:44:35.98 ID:

通名変更禁止へ―総務省が通達

総務省自治行政局外国人住民基本台帳室長が先月15日に通達を出し、
外国人が通名を記載する際には要件を厳格にした上で、原則として変更を許さないものとした。

自民党の片山さつき参院議員が、通名の問題点を語った。

「日本人が改名するには、家裁の許可が必要です。しかし、外国人の場合、届けるだけで通名を変えられる。
これはいかにもおかしい。通達により通名が容易に変更できなくなって当然です」

2013/12/9
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131209/plt1312091534001-n1.htm
続きを読む

韓国「日本の統治によって近代化が遅れた」

1:2013/12/09(月) 11:07:02.77 ID:

慰安婦問題、竹島不法占拠、パクリ産業……韓国がついてきた「嘘」で日韓関係は悪化の一途を辿っている。
国際情報誌『SAPIO』ではその嘘について特集を組んでいる。特集のなかで歴史問題について書かれた記事の一部を紹介する。

韓国は「日本の統治によって近代化が遅れた」と学校で教えているが、
日本統治時代の真実をジャーナリストの水間政憲氏が明らかにする。鉄橋や鉄道は誰が造ったのか、といったあたりを見ていこう。

中国の属国だった朝鮮を独立国と認めさせたのは、日清戦争に日本が勝利して締結した「下関条約(日清講和条約)」(1895年4月)だった。

1892年に発行された『朝鮮国真景』は、朝鮮の調査のために派遣された外務省交際官試補(外交官の見習い)の林武一が
各地で撮影した写真をまとめたものだ。その解説文に「朝鮮には馬車人力車の便なきは甚だ遺憾なり」とあり、人の移動手段は駕籠か馬だけだった。

それから僅か8年後の1900年に、京城(ソウル)と仁川を繋ぐ「漢江大鉄橋」が架橋された。

また、韓国併合(1910年8月)以前の統監府時代に着工し、1911年に竣工した鴨緑江鉄橋(全長944.2m、幅11m)は、
船舶の航行を可能にするため中央部が90度回転する旋回式鉄橋で、当時の先端技術を結集したハイテク鉄橋だった。

1894年8月1日、日清戦争勃発直後、日本側に靡いた朝鮮は、すぐさま8月20日に「日韓暫定合同条款」を締結し、
日本に「鉄道敷設権」を認めた。20世紀前半の基幹産業は鉄道事業と製鉄事業だったから、
日本は朝鮮の近代化のために網の目のように線路を敷設した。

朝鮮もそれを熱望したのだ。その際、日本国内の「狭軌」と違い「広軌」を採用したことで、日本国内より立派な機関車や客車が走っていた。

朝鮮総督府鉄道局と私鉄を合わせると、1945年までに総延長距離5000km以上の鉄道を敷設した。
象徴的な存在として造られた京城駅は東京駅に引けを取らない豪奢な佇まいだった。

韓国では「日本がロシアに対抗する安全保障上の理由から造っただけ」などと批判する声があるが、乗客の80%以上は朝鮮人だった。

http://www.news-postseven.com/archives/20131209_226503.html
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト