脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【琉球新報/社説】自衛隊オスプレイ導入・F-15拡充、中国脅威論で反中感情煽りなお沖縄県民に負担押し付けるのか

1:2013/12/15(日) 15:35:11.93 ID:
沖縄の軍事拠点化がより一層進み、
県民の負担軽減と逆行する事態が現実味を帯びてきたと強い危惧を抱かざるを得ない。

日本の防衛力の具体像を定める次期中期防衛力整備計画のことだ。
2014年度からの5年間で、米軍が安全性への懸念を無視する形で普天間飛行場に配備した
垂直離着陸輸送機オスプレイ17機を自衛隊に導入すると明記した。

さらに領土、領海の警戒監視体制強化のため、那覇基地にE2C早期警戒機の部隊を新たに編成するほか、
F15戦闘機の部隊を1個飛行隊(約20機)から2個飛行隊に拡充することも明示した。

尖閣諸島における中国との緊張関係を背景に、安倍政権は離島防衛強化を打ち出している。
中国脅威論をことさら強調することで国民の不安や反中国感情をあおり、
防衛力増強を推し進める狙いがあることは明白だ。

確かに、中国が尖閣近海での領海侵入を常態化させ、東シナ海に防空識別圏を設定するなど
軍事的な圧力を強めていることは紛れもない事実であり、極めて遺憾だ。
しかしながら「力には力」とばかりに、対立の構図をエスカレートさせることは対話による解決を遠ざけるだけだ。
挑発合戦は偶発的な衝突など不測の事態を招きかねず、日中双方が厳に慎まなければならない。

そもそも米国内や海外で重大事故が絶えないオスプレイの配備を県民は拒否している。
自衛隊導入については、国民に対する説明責任がまったく果たされていない。

普天間配備から1年以上が経過したが、オスプレイの全面撤去を求める県民世論は根強い。
日米が合意した安全確保策や運用ルールは形骸化し、
本土への訓練分散は形式的な色彩が強く、負担軽減からは程遠い。

さらに嘉手納基地に空軍仕様のオスプレイの配備計画が浮上し、
仮に自衛隊のオスプレイが沖縄に配備されるとなると、危険性とともに県民の軍事負担は計り知れないものになる。

自衛隊那覇基地のF15部隊の拡充もしかりだ。
滑走路が増設される那覇空港の軍民共用化が強化されかねないからだ。
民間需要に対応するための新設滑走路の沖合展開が、軍事機能の強化に直結することは到底許されない。
アジアの航空ハブ(拠点)をにらんだ民間専用化の議論こそ急ぐべきだ。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-216673-storytopic-11.html

【国防】中期防衛力整備計画、中国を想定し早期警戒機・無人偵察機・オスプレイなど導入し南西諸島の防空強化[12/11]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386731405/
続きを読む

【中韓】 ほとんど病気の中国人の大国意識、韓国は「冷静、冷静、また冷静」に行くべき/朝鮮日報コラム

1:2013/12/15(日) 13:41:39.44 ID:
せっかちな大国・中国、今後さらに巨大化しても米国の相手にはなれない
米国の力をもっと理解し、日本を軽視せず、かつ韓国を過小評価しないこと

 中国の人々の大国意識は、ほとんど病的だ。中国はどこから見ても大国だが、他国に向かって
「中国を早く大国として受け入れよ」といらだっている。最近は、失っていたものを大国として取り戻
すに当たり、過激な姿まで目につく。何かにつけて「大国」と言い、『大国崛起(くっき)』というテレビ
シリーズまで放送した。

 中国のこの「大国病」から考えるに、そのうち防空識別圏拡張よりもっと大きな問題も浮上するだ
ろう。中国は、西海(黄海)での韓国との排他的経済水域(EEZ)境界確定を拒否し続けている。韓
中間には島をめぐる領有権争いがないため、海の境界を画定できない理由はない。両国間の中間
線を選べばいいにもかかわらず、中国はこれを拒否し、話にならない論理を持ち出している。その
胸の内は「大国は小国より広い海を持つべき」というものだ。

 米国の大学に留学している韓国の学生が、中国の学生と歴史問題で論争を繰り広げた。中国の
学生は手を広げ、親指を動かしてみせたという。中国大陸にくっついているちっぽけな存在が騒い
でいる、という意味だった。また、上海万博に行った韓国の企業関係者は、ある行事で、外国の代
表団が座る席ではなく中国の少数民族が座る席に座らされた。その場に居合わせたある企業関係
者は「主催者側のミスだったとは思うが、後味の悪い記憶は消せない」と語った。

 中国を代表する国際政治学者の一人、王緝思氏は、文正仁(ムン・ジョンイン)延世大学教授との
対談で、米中対立について「率直に言って、韓国は小国ではないか。中国や米国は大きな国だ。
小さな国が大国同士を仲たがいさせ、利益を得ることなどどうしてできようか…。韓国が米国との同
盟を強化するからといって、中国が韓国を恐れるようなことがあるだろうか。とんでもない話だ」と語
った。これが、今の中国人の考えだと捉えなければならない。

楊相勲(ヤン・サンフン)論説室長

ソース:朝鮮日報日本語版<【コラム】韓国こそ「冷静、冷静、また冷静」に行くべき>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/15/2013121500199.html

関連スレ:
【韓国】 可哀相な韓国人、自国を「大国である」と困った勘違い~日本人はなぜこれほど韓国が嫌いになったのか?=倉山満[12/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386247827/
続きを読む

韓国 「NHK・共同通信・朝日・毎日の反日記者といっしょに日本国民洗脳戦略を模索している」

1:2013/12/14(土) 22:19:41.50 ID:

李チョル 米州コリアン総連合会 慰安婦問題特別委員長

いつのまにかNHK、共同通信、毎日新聞、朝日新聞など日本の主な報道機関の特派員らと厚い
関係を持つようになった。韓米公共政策委員会のような米国のコリアン市民団体が、
米国社会と政界、そしてマスコミを動かして、日本のマスコミを通じて日本の市民社会と
政界に知らせて(日本人を)教育させて圧力を加えれば解決の糸口が見えるものだ、という意見で一致した。

韓国紙 韓国国民日報 (ソース韓国語)
http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=all&arcid=0007719146&code=11171314
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト