脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【日本は中世】 アメリカ 「日本の特定秘密保護法は、国際水準を著しく下回っている」

1:2013/12/06(金) 20:38:18.85 ID:

特定秘密「国際的基準を大きく下回り日本にとって後退」 12月6日 19時51分


 特定秘密保護法案について、秘密保護法制の国際的なガイドラインの作成に関わってきたアメリカの財団が声明を出し、
「知る権利を厳しく規制するもので、日本にとって後退となる」として深い懸念を示しました。

 声明を出したのは、秘密保護法制に関する国際的なガイドライン「ツワネ原則」の作成に携わった「オープン・ソサイエティ」財団で
アメリカの元政府高官のモートン・ハルペリン氏が上級顧問を務めています。

 声明では特定秘密保護法案が6日にも可決・成立する見通しだとしたうえで、「法案は国家の安全保障に対する知る権利を
厳しく規制するもので、秘密保護法制に関する国際的な基準を大きく下回っている」としています。

 さらに「過度な秘密の保護で、政府が適切に説明責任を果たさなくなるおそれがあり、日本にとって後退となる」として
法案に対して「深い懸念」を示しています。
 
 声明には、ハルペリン氏も発言を寄せ、「法案は21世紀の民主国家が考えたなかでも最も悪い部類に入るものだ。
市民や海外の専門家から十分な意見聴取をせずに制定が進んでいる、その速さについても懸念がある」と述べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131206/t10013643701000.html
続きを読む

【東京新聞】特定秘密保護法案成立「12・6」を忘れない…有権者にとって最も効果のある手段が選挙、次の選挙まで記憶にとどめたい

1:2013/12/08(日) 08:44:35.43 ID:
 ◆政治部長 金井辰樹
反対の声が議事堂を包む中、耳をふさぐように採決に突入し、特定秘密保護法案は「法」になった。国会の責任は、政府と
与野党の論争を国民に提供して知る権利に応えること。そして民意を吸い上げながら法律をつくること。ところが、その責任を放棄し、
知る権利をおびやかす法律を成立させてしまった。

 法案の修正協議で先頭に立った自民党の中谷元・副幹事長は採決を前に「サイレントマジョリティー(声なき多数派)」の理解を得たと言った。
声を上げない人は理解者と解釈し、反対の声は「大音量」の雑音だと思っているのだろうか。だから健全な民主主義の表現であるデモを
テロに例えた石破茂自民党幹事長のことも、党内ではさほど問題視されなかったのだろう。

 成立したばかりの条文を読み返してみた。三十カ所以上にちりばめられた「その他」の文字が、秘密の範囲を無限に広げ、
知る権利を脇に追いやる構成になっている。

 似た文章を思い出した。昨年、自民党がつくった憲法草案だ。随所にある「公益」や「公の秩序」が基本的人権を縛りつけている。
二つの文をみて、この政権は、民より上に国家が君臨する社会をつくろうとしているのだと感じる。

 責任は自民党だけでない。平和の党を自任する与党・公明党は「戦争する国」に道を開くとも指摘される政府案を、わずかな修正で了承してしまった。
官僚支配の打破を訴えてきた日本維新の会やみんなの党は、官僚が秘密を意のままに操る懸念が強く残るまま与党と修正合意。これを機に
巨大な安倍自民党との関係を深めようという党利党略が先行していた。反対姿勢を鮮明にするのが遅れた民主党も含め「国民の権利をどう守るか」
という意識は希薄だった。
>>2
以降に続く

ソース:http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013120802000108.html
続きを読む

【調査/新報道2001】安倍内閣支持59.2% 不支持36.6% 次回選挙投票先 自民35.0% 民主4.8% 日米同盟が中国への抑止力になる62.6%

1:2013/12/08(日) 08:57:18.75 ID:
(12月5日調査・12月8日放送/フジテレビ)
【問1】次の選挙でどの政党の候補者に投票しますか。
自民党 35.0%(↓) 共産党 4.6%(↑)
民主党 4.8%(↓) 社民党 0.6%(―)
日本維新の会 3.0%(↓) みどりの風 0.2%(↑)
公明党 5.4%(↑) 無所属・その他 2.2%
みんなの党 2.6%(↑) 棄権する 3.6%
生活の党 0.8%(↓) (まだきめていない) 37.2%
【問2】あなたは安倍政権を支持しますか。
支持する 59.2%
支持しない 36.6%
(その他・わからない) 4.2%
【問3】中国が防空識別圏を設定した問題で、日本政府は航空会社に対して、中国側に飛行計画を提出しないように求めています。
あなたはこの方針を支持しますか。
支持する 69.8%
支持しない 24.4%
(その他・わからない) 5.8%
【問4】あなたは日米同盟を強化すれば、中国に対する抑止力になると思いますか。
思う 62.2%
思わない 33.4%
(その他・わからない) 4.4%
【問5】北朝鮮の事実上No.2と言われる張成沢(チャン・ソンテク)氏が失脚との報道が各方面からあります。
これが事実の場合、日本に安全保障面での影響が及ぶと思いますか。
思う 31.0%
思わない 59.8%
(その他・わからない) 9.2%
首都圏の成人男女500人を対象に電話調査
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/chousa.html
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト