脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国経済】「円安が日本への輸出に悪影響」=韓国貿易協会

1:2014/05/06(火)15:41:30 ID:
【ソウル聯合ニュース】
日本に輸出する韓国企業にとって最大の悪材料が円安であることが6日、
韓国貿易協会国際貿易研究院が公表したアンケート結果で分かった。

同研究院が日本に輸出をしている企業216社に対しアンケート調査を行った結果、
円安が悪影響を及ぼしたとの回答が92.6%に達した。
(略)
日本円での決済の割合が高い対日輸出企業は為替差損に加え、日本での輸入需要急減により
二重の打撃を受けた。 
(略)
第三国への輸出品の中で、船舶・機械類・石油製品などは自動車(部品)・
無線通信機器などに比べ、円安による悪影響が相対的に大きいことが分かった。
貿易協会は「輸出企業は円安対応策として、品質向上・新製品開発、原価節減、輸出価格引き下げなど
をまず考えている」とした上で、「それに対する政府レベルでの多角的な支援が必要だ」と指摘した。

全文はソースへ
聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/06/2014050601151.html
続きを読む

【中央日報】 米、10年間も衛生検証…貿易障壁を乗り越えた韓国の参鶏湯(サムゲタン)

1:2014/05/06(火)12:54:36 ID:
「韓国は米国にさらに多くの物品を輸出し、米国民は今後も店でより多くの韓国製品を見ることになるだろう。参鶏湯(サムゲタン)を含めて」。

最近訪韓したオバマ米大統領は先月24日、中央日報の書面インタビューで、3年目に入った韓米自由貿易協定(FTA)の成果を評価し、
参鶏湯に言及した。先月25日の韓米首脳会談後に両国が出した共同説明書(Joint Fact Sheet)でも、「米農務省食品安全検査局
(FSIS)が家禽製品を輸出できる国家目録に韓国を追加した。これを受け、米国の消費者は韓国の参鶏湯などを楽しむことになるだろう」
とし、参鶏湯を韓米貿易増大の象徴として強調した。

参鶏湯が両国首脳会談の議題になった理由は何か。10年間にわたる両国の外交戦が背景だ。参鶏湯だけでなく韓国固有の食品一つを
外国に輸出するためには、想像以上の外交戦が伴う。韓国が米国に参鶏湯輸入を許可してほしいと要請したのは2004年4月だった。
滅菌した参鶏湯は鶏から発生するニューカッスル病原体が伝播する可能性がないため、大きな問題なく輸出できると政府は期待していた。
しかし、これは米国の食品衛生検証体系に関する理解不足による誤った判断だった。

米国は韓国の衛生体系が米国と同等またはそれ以上でなければならず、鶏の食肉処理と衛生処理および加工など参鶏湯を作る全過程が
米国の衛生関連規定(HACCP)に合うかどうか検討しなければならないと主張した。HACCP認証だけで8年かかった。

外交部の関係者は「2012年末に米国政府が官報で韓国産家禽肉の輸入を許可すると公示した後にも、追加の検証を要する意見があり、
後続の措置に相当な時間がかかると予想されたが、昨年、朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米で処理が弾みがついた」とし「そのおかげで
オバマ大統領の訪韓直前に参鶏湯など家禽肉加工品の輸出が最終的に認められた」と説明した。

イカソース
http://japanese.joins.com/article/969/184969.html?servcode=A00§code=A20
http://japanese.joins.com/article/970/184970.html?servcode=A00§code=A20
続きを読む

【香港】高まる香港の不満…中国人観光客排斥デモ、そしてカウンターデモも

1:2014/05/05(月)22:29:28 ID:
本土観光客の排斥デモ、排便写真の展示も

 中国本土の連休の初日に当たる5月1日、繁華街では本土からの観光客を排斥するデモ活動が行われた。

 2日付香港各紙によると、ネットを通じて集まった約50人からなる「真心愛国愛党大連盟」は、尖沙咀天星碼頭
から広東道をデモ行進した。一部は紅衛兵の服を着て国旗や共産党旗、毛沢東語録を手にし、観光客に対し「本土に
戻って国産品を買え」「文明的な中国人ならむやみに大小便するな」と叫んだ。
 本土からの観光客を歓迎する「保衛香港運動」の約30人が対抗してデモを行い、広東道を挟んで「真心愛国愛党
大連盟」を「香港のイメージを損なう」と批判、両団体ともに相手を「売国奴」とののしる騒ぎとなり警察が調停し
た。
また旺角の西洋菜街では写真コンテストと称して観光客が道端で排便する様子を撮影した写真を展示。発起人の梁金
成氏は「両地の政府が無力」と指摘し、中港矛盾(両地の対立)をあおっていることを否定した。

香港ポスト 2014.5.5
http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=8854#.U2eRCliKD3k
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト