脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【日韓】菅官房長官「産経前支局長起訴、国際常識と大きくかけ離れている」=韓国ネット「今年のコメディ大賞に決定!」

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 21:47:15.02 ID:???.net
(画像:韓国大統領府)
no title


2014年10月9日、韓国・聯合ニュースによると、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が、朴槿恵(パク・クネ)大統領の
名誉を毀損(きそん)したとして、韓国検察に起訴された件について、菅義偉官房長官が「国際社会の常識と大きく
かけ離れている」と批判した。

同日行われた記者会見で菅官房長官は「日本政府は韓国側に、慎重な対応を強く求めてきた。また、国内外から
報道の自由への侵害を懸念する声が上がっていたのにも関わらず加藤前ソウル支局長を起訴したことは、極めて遺憾である。
日韓関係への影響も大きい」などと述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーは批判的なコメントを寄せている。

「今年のコメディ大賞に決定」
「国際社会の常識からかけ離れた国に言われたくない」
「根拠のないうわさを、事実かのように報道したんだ。切腹して謝罪しても足りない」

「虚偽の事実を広めることは報道の自由に含まれるの?」
「日本という国が隣に存在していることが、極めて遺憾だ」
「悪いことをしたんだから、おとなしくしてなよ。謝罪ではなく批判するなんて…それこそ国際社会の常識と大きくかけ離れているんじゃない?」

「日本天皇が同じことをされたらどうするか考えてみろ!」
「慰安婦の報道を無理に謝罪させたことは常識的なこと?」
「日本と韓国の問題を解決させるには、戦争しかない」

(翻訳・編集/篠田)

レコードチャイナ 2014年10月9日 19時2分
http://www.recordchina.co.jp/a95472.html

関連スレ
【政治】菅官房長官「韓国は国際常識からかけ離れている」 産経前ソウル支局長起訴を批判[10/09]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1412829918/l50

続きを読む

【朝鮮日報】「あらゆる発音が表記可能なハングルを国際音声記号に、ハングルは最も科学的な文字だ」

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 13:10:11.14 ID:???.net
「ハングル世界化の伝道師」シン・ブヨン教授、きょう「中国語のハングル表記案」発表
「『唇軽音』復活させれば完全な文字に」

「国際音声記号というのがあります。皆さんが習ったことのある英語の発音記号に似ているように見えますが、実際ははるかに複雑です。
140字以上あって、無用の長物といえます。韓国のハングルは十分、これに代わることができます。地球で共通の発音表記にハングルが
使われることになれば、どれだけ素晴らしいことか」

ハングルの日(10月9日)が近づくと、シン・ブヨン韓国科学技術院(KAIST)IT融合研究所兼任教授(71)は忙しくなる。7日にウェソル会
(ソン・ナクス会長)学術大会に出席して「ハングルの機械化と世界文字化」をテーマに講演、「ハングルの日」である9日には韓国語情報学会
(チェ・ソン会長)のセミナーで「中国語のハングル表記案」を提案する。先月29日には韓国フォント協会(ソン・ドンウォン会長)のセミナーで
「情報化時代のハングル世界文字化の可能性」を発表した。

「韓国人は『ハングルは最も科学的な文字だ』と自負しながらも、活用のための努力はしていなくて残念です。『言語』ではなく『文字』としての
ハングルの可能性は無限です」

シン教授はハングル学者ではない。もともとは交通の専門家だ。1988年に45歳で韓国交通開発研究院長を務め、後にKAISTで交通工学・
交通政策を教えた。大都市の交通計画を立て、交通影響評価制の導入や乗り換えシステムの研究で有名だ。だが、ここ10年以上は
「ハングル世界化の伝道師」として全力投球している。

「カナダ留学時代、海外で長く暮らしていても英語がほとんどできない韓国人をたくさん見てきました。英字新聞はスラスラ読めるのに、
物一つ買うのにオロオロしている。相手が聞き取れないからです。韓国人にとってなぜ「f」「r」「v」の発音は難しいのでしょうか。
『(ハングル制定の解説書)訓民正音は鶏の鳴き声まで記す』と言っているのに…」

1981年に帰国した後、合間を見つけて勉強したところ、答えはすぐに出た。訓民正音のもともとの表記を再現すれば、解決できることだった。
例えば「r」は唇軽音リウル、「f」は唇軽音ピウプ、「v」は唇軽音ビウプと書けば解決する(リウル、ピウプ、ビウプはハングル子音字の種類)。
このため、唇軽音を復活させようと主張したが、学界は耳を貸さなかった。そこでアプローチ戦略を変更することにした。

「『ハングルの世界化』です。外国人に韓国語を教えるということではありません。訓民正音ほどあらゆる発音を正確に表記できる文字はありません。
だから、訓民正音を復活させて、文字がない言語圏から普及させるのです」。その考えに共感したソ・ナムピョKAIST総長=当時=は2010年、
「ハングル工学研究所」を設立した。

シン教授は最近、マルチ通訳・翻訳機を作っている。どんな言語でも、話せば機械がハングルに変換してから解読し、訳したい言語に通訳・
翻訳してくれる装置だ。シン教授は「実用化されれば、ハングルは世界の人々が使う文字になります。唇軽音復活が急がれる理由も一層
理解しやすくなるでしょう」と話した。

ユ・ソヨン記者

ソース:朝鮮日報 2014/10/09 10:58
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/09/2014100900929.html

続きを読む

【朝鮮日報/社説】防衛指針改定、米日は韓国の懸念を払拭せよ

1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 09:57:55.37 ID:???.net
米国と日本の両政府は8日、東京の防衛省で外務・防衛担当の局長協議を行い、
日本の自衛隊の作戦範囲を全世界に拡大することを含む新たな米日防衛協力の指針、
いわゆるガイドラインの見直しに向けた中間報告を取りまとめた。

報告書で両国は、今年7月に日本の安倍内閣が集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことを受け、
これをガイドラインに反映させることを明確にした。

安倍内閣が集団的自衛権の行使を進める理由は、日本を「戦争のできる国」に変えるために他ならない。

米国は日本の集団的自衛権行使を一貫して支持し、今後はこれをガイドラインにまで反映させる意向を明確にしている。
米日両国は早ければ年末までに新たなガイドラインを取りまとめたい考えだ。

ガイドラインは1970年代後半、当時の旧ソ連による攻撃に備えるため初めて取りまとめられ、
1997年には北朝鮮の核開発などに対応するための改訂も行われている。

現在のガイドラインは韓半島(朝鮮半島)有事の際、自衛隊は在韓米軍への支援には乗り出すものの、
作戦範囲は日本の領土と周辺海域に限定している。

ただし今回改訂が進められている新たなガイドラインがこの制限をどこまで見直すかはまだ明確ではない。

韓国政府は自衛隊が韓半島で作戦を展開する場合、韓国の同意を得なければならないとかねてから主張してきた。

米国が日本の軍事的役割の拡大を積極的に支持する最も大きな理由は、中国をけん制するためだ。
しかし日本が名実共に米国の軍事的パートナーとなれば、韓半島はもちろん北東アジア全体に大きな影響が及ぶのは避けられない。

場合によっては韓国の国家戦略が大きな試練に直面する可能性も考えられる。
韓国は安全保障を韓米同盟に、経済を中国市場に依存する戦略を進めているからだ。

今回のガイドライン改訂において韓国は事実上の当事者と言っても過言ではない。
韓国は韓米日三角同盟の軸の一つであり、またガイドラインも韓半島を大きく念頭に置いているからだ。

また米国は韓国が日本の軍事的役割の拡大を強く懸念する理由を誰よりも深く理解している。
米国は日本とのガイドライン改訂を進める際、韓国の懸念を払拭(ふっしょく)するための努力も並行して行わねばならない。

韓国政府も今回のガイドライン改訂作業が韓国の意向を無視して一方的に進められることがないよう、
外交面での働き掛けを強化しなければならな


2014/10/09 09:35
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/09/2014100900689.html

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト