脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国】F1など5つの国際スポーツ大会開催で1兆ウォン以上の赤字

1:2013/12/13(金) 14:24:00.68 ID:
地方自治体が2010年から最近まで全羅南道霊岩(ヨンアム)F1コリアグランプリなど5つの国際スポーツ大会を開催し、
1兆ウォン(約1000億円)以上の赤字を出したことが分かった。この期間に各地方自治体が招致した国際スポーツ大会の決算書を中央日報が分析した結果だ。

対象は2010年から今年まで毎年開催されたF1をはじめ、2010尚州(サンジュ)世界大学生乗馬選手権大会、2011大邱(テグ)世界陸上選手権大会、
2013仁川(インチョン)室内&武道アジア競技大会、2013忠州(チュンジュ)世界漕艇選手権大会。

このうち黒字となった行事は1件もなかった。5つの大会を合わせて施設を建設し、大会を運営するのにかかった費用は合計1兆2571億ウォン。
一方、入場料など収入は2034億ウォンで、赤字は1兆537億ウォンにのぼった。

大会別の赤字幅は4回行事を開催した全羅南道霊岩F1が最も大きかった。4年の累積赤字は6761億ウォン。
競技場の建設に4932億ウォンを投入したほか、毎年数百億ウォンの開催権料など4年間で大会の運営に3009億ウォンかかり、
計7941億ウォンを使ったが、収入は1180億ウォンに終わった。

次に赤字が大きいのは大邱世界陸上選手権(2430億ウォン)だった。
広域市ではなく基礎地方自治体が開催した忠州世界漕艇選手権(853億ウォン)、尚州世界大学生乗馬選手権(246億ウォン)も数百億ウォン台の損失を出した。
赤字は国家支援を受け、地方自治体が緊縮して資金を確保し、それでも足りなければ借金で埋めた。

F1のために全羅南道が新たに抱えた負債は2975億ウォンにのぼる。このうち1618億ウォンを返し、1357億ウォンが残った。
半分以上返したとはいえ、まだ残っているF1関連負債は全羅南道全体の債務6660億ウォンの20%を占める。

室内&武道アジア競技を開催した仁川は、2014アジア競技大会施設工事なども重なって負債が大きく膨らみ、
予算に対する債務の比率が全国広域地方自治体のうち最高レベルとなっている。
地方自治体は「大会自体は赤字かもしれないが、これを通じて都市の名前を世界に知らせ、ブランド価値を高める効果がある」と主張する。

しかしこの点についても疑問が提起されている。

大邱を訪れた外国人観光客は陸上選手権が開催された2011年の34万6958人から翌年は34万3505人に減少した。
同じ期間に韓国を訪問した全体の観光客は14%増えたが、大邱は減ったのだ。

大邱科学大のキム・ヒョンソプ教授(観光経営学)は「1回だけのスポーツ行事では地域ブランドを知らせて観光客を引き込むのに限界がある」と指摘した。
これ対し大邱市のキム・ジョンチャン投資誘致団長(52)は「海外に出れば、特に欧州で大邱の認知度が高まったのを感じる」と話した。

地方自治体に負担を与える国際スポーツ大会は、自治団体の首長が政治功績を誇示するために強行するケースが多い。成功すれば次の選挙で有利になるからだ。
財政問題は、招致から数年が過ぎて実際に大会を開催した後に出てくるため、次期選挙に大きな影響を与えない。

結局、招致に成功すれば自治団体の首長が誇り、後に生じた負債は住民が抱え込む。

東亜大のチョン・ヒジュン教授(スポーツ社会学)は
「大型スポーツ行事は最終損失を明確にし、地方財政に大きな打撃を与えた場合、誘致を強行した人たちが責任を取る制度を設ける必要がある」と述べた。


2013年12月13日14時10分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/412/179412.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
続きを読む

【中国BBS】優秀な装備と人海戦術…米国抜きの自衛隊は中国軍に勝てない

1:2013/12/13(金) 12:57:24.24 ID:
中国のネット上では、“もしも日中間で戦争になったら”という議論が盛んに行われている。
その大半は、他国の介入がなく局地的戦闘ならば中国が勝利するというものだが、なかには、日本の軍事力は軽視できず、勝てないかもしれないという意見もあるようだ。

中国大手検索サイト百度の掲示板にこのほど「中国は日本に勝てないという意見をどう思う?」というスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが議論を交わした。
スレ主は、20世紀の中国ならば日本に勝てなかったかもしれないと前置きしつつ、
公開された自衛隊資料と中国人民解放軍の軍事力を比較すると、解放軍の戦闘力は自衛隊を優に上回っていると主張した。

ほかのユーザーの意見を見てみると、スレ主の意見に同調するコメントが多く寄せられており、

「13億人の中国人のうち1億人の兵力、3億人の予備兵がいるんだ」
「米国が介入しないという前提で、装備に問題なければ日本など相手ではない」

など、自信にあふれたコメントが並んだ。
解放軍はただでさえ兵士の数が多いうえに装備の現代化を進めているため、自衛隊が単独で解放軍に勝つことは確かに簡単ではなさそうだ。

しかし、反対意見も少なくなく、
「軍事力は武器の良し悪しだけじゃないだろ。軍人の質も比較しないと。中国には時間が必要だ」
「陸上戦なら圧勝だが、海上戦だと話は別だ。空母は1隻しか持っていないし、日本は豊富な海戦経験がある」

などのコメントがあった。

実際のところ、日清戦争の際、清の北洋艦隊は日本海軍に圧勝すると思われていたが、練度と士気が低かったこともあり、日本に全滅させられたという歴史がある。
ネットユーザーのなかには日清戦争を指摘して、自信過剰を諌める意見もあった。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1213&f=national_1213_005.shtml
続きを読む

【韓国】留学生ら、「バイト経験後、韓国が嫌いに」

1:2013/12/13(金) 11:31:35.87 ID:
■ 給料踏み倒し人種差別も
■ 留学生ら、模擬裁判で法の保護訴える
-------------------------------------
ソウル大で原子核工学を学んでいるモンゴル人留学生のAさん(26)は、学費を稼ぐため夏休みに
京畿道富川市のTシャツ工場でアルバイトをした。1日12時間働いたが、給料日になっても約束の
160万ウォン(約16万円)は支給されなかった。「販売代金を回収できていないので来月まとめて
支払う」という社長の言葉を信じていたが、次の給料日が来ると社長は行方をくらませた。320万
ウォン(約31万円)の給料を全く受け取れなかったAさんは「韓国の良いところを学ぼうと留学したが、
二度と韓国で働きたくない」と話している。

韓国国内の留学生は今や8万3000人に達するが、アルバイトを経験した多くの留学生は韓国に
悪い印象を抱く。国務調整室傘下の経済・人文社会研究会が2010年、中国人留学生1200人を
対象にアンケートを取った結果、40%が留学中に反韓感情を持つようになったと答えた。

今年10月に大学生向けの週刊誌が行った留学生の満足度調査でも、30.9%が「差別を経験した」
と回答。このうち29.3%はアルバイトの現場で差別を受けた。

ソウル東部地裁では12日、中国、ロシア、インド、ベトナム、アゼルバイジャンなどさまざまな国の
留学生20人余りが招かれ、模擬国民参与裁判(日本の裁判員裁判に相当)が開かれた。

オーストラリア人の留学生が時給4000ウォン(約390円)でコンビニのアルバイトをしたが、雇用主
が「時間制労働の許可申請をしていない違法アルバイト」との理由で給料を支給しなかった、
という状況設定の下で裁判が行われた。検事役の学生らは「外国人も韓国の法律を守っている
ため、韓国の法の保護を受けるべきだ」として被告の処罰を主張し、陪審員らは被告に罰金700万
ウォン(約69万円)の支払いを命じる評決を出した。

ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/13/2013121301246.html
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト