脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【経済】朴政権の失敗 TPP参加は韓国の悪夢… 実質的なFTAで日本の下請け状態に

1:2013/12/06(金) 09:49:29.51 ID:
韓国がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉に参加すると表明した。
これまで韓国は二国間FTA(自由貿易協定)路線だったが、大きな方針転換だ。

貿易交渉は、二国間(バイ)と多国間(マルチ)がある。
少しでも貿易交渉を経験した人ならわかることだが、FTAなど二国間交渉は“何でもあり”だ。
二国間の力関係等がストレートに反映される。

一方、WTO(世界貿易機関)やTPPのような多国間交渉では、一方的に一国が攻められることもなく、
その合意は最大公約数の範囲内になる。ただし、ドーハ・ラウンド(多角的貿易交渉)が崩壊したように、
多国間交渉でもあまりに参加国が多すぎるとまとまらないので、TPPのような限定された多国間交渉が好まれている。

韓国はこれまで相手国を選びながら二国間交渉をしてきた。
しかし、日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドとの二国間FTAはなかなか進んでいない。

そうしたなか、日本がTPPに交渉参加し、それらの国と一気に実質的なFTAが作られることになる見通しとなった。
そこで、韓国が焦ってTPP交渉に参加してきたわけだ。

これは、韓国にとってもリスクがある。というのは、TPPに入ると実質的に日本ともFTAができる。
これは韓国にとって悪夢といえる。というのは、韓国は日本と似たような経済構造だが、
基本的な技術では対応できずに、日韓貿易は韓国の大幅な輸入超過になる。

いうなれば日韓FTAでは韓国は日本の下請け状態になるわけだ。

また、韓国としては、日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドを後回しにしても、
中国とのFTAを優先していたわけだが、これも路線変更になる。

朴槿恵政権は中国重視の対外政策を実行してきたが、やはり中国は共産圏なのでうまくゆかず、
自由主義経済圏に回帰せざるを得なかったのだろう。これは朴政権の対外政策の失敗であろう。

このような失敗は、日本でも民主党へ政権交代した際に見られた。
米国への依存を低めて中国重視に転換するという意味で、日米中の「正三角形論」が主張された。
そして、日中韓サミットで日中韓FTA交渉が進められることとなった。

しかし、政権交代前から、日中韓FTAなどアジアだけの自由貿易圏構想の動きを見ていた米国は
いち早く行動してTPP交渉へ参加し、民主党時代の日本の中国重視を牽制(けんせい)するようになった。

自民党への再度の政権交代によって、今年7月にようやく日本がTPP交渉に参加したが、これで慌てたのが韓国だったのだ。

貿易交渉は、純粋に経済的な観点からのみ行うものでなく、その時々の国の安全保障と大きく関係している。
安倍政権は米国重視で一貫しているが、韓国の朴政権はかなり迷走している。

ここにきて貿易面で方向転換し、安全保障面でも、防空識別圏設定問題で中国としっくりこないので、
米国重視へ回帰する可能性があるだろう。どうなろうと日本は今のままのペースでいい。


(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一) 2013.12.06

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131206/dms1312060723003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131206/dms1312060723003-n2.htm
続きを読む

【国際】 韓国の砂浜に大量のイカの死骸・・・韓国人 「日本の放射能汚染のせいだ」

1:2013/12/06(金) 08:53:43.30 ID:
韓国紙・朝鮮日報(電子版)は4日、江原道束草の砂浜でイカの子どもの死骸が大量に発見されたと報じた。
5日付で中国網が伝えた。

発見されたのは甕峙海水浴場から束草海水浴場の間の2千メートルにおよぶ砂浜。死骸は1万匹以上に上るとみられている。
原因については分かっていないが、韓国ネットユーザーは「日本の放射能汚染の影響か」と大騒ぎしている。

大量のイカの子どもの死骸が発見されたことに、韓国ネットユーザーは大きな衝撃を受けている。
「日本の放射能汚染の影響ではないか」「こういう現象がずっと続いたらどうすればいいんだ」など戦々恐々となっており、
「早く原因が知りたい」との声が噴出している。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/367912/
続きを読む

【中央日報】壬辰倭乱も知らない米国の韓国通~秀吉からの韓国の反日感情も知らず、日韓仲裁とは

1:2013/12/05(木) 09:52:22.79 ID:
2008年の米大統領選挙でオバマ大統領と争った共和党の大物マケイン上院議員が訪韓したのは今年8月。
報道されなかったが、マケインは当時、国内の政界の重鎮を呼んで厳しく語った。
「ベトナム戦争で捕虜となり拷問を受けた私も米国・ベトナムの和解に率先しているのに、
あなたたちはなぜ日本と仲良くしないのか」という要旨だった。
過去の歴史・領土問題をめぐり執拗に日本の謝罪を要求する韓国側の態度に不満を吐露したのだ。

マケイン自身がそう話すのも分からないわけではない。海軍パイロットだったマケインは1967年、
ハノイ爆撃に出て撃墜され、北ベトナムの捕虜となった。両腕が折れ、脚には銃弾を受けた。
捕虜収容所で彼を待っていたのはひどい殴打と拷問だった。どれほど暴行を受けたのか、
髪は白くなり、体重も20キロ以上減った。その後遺症でマケインは永遠に足を引きずり、腕もあまり上がらない。
それでも彼の発言は、一つだけを知り二つは知らない主張だ。

韓国が日本を簡単に許せないのは恥辱を受けたと考えるからだ。マケインは苦難を経験したが、
恥辱ではなかった。恥辱どころか生涯の自慢であろう。米国が東アジア戦略レベルで韓日間を仲裁する時、
両国の歴史と感情を十分に考慮しているのか疑わしいことが多い。

ほとんどすべての韓国人の場合、日本に対する認識は1592年の壬辰倭乱(文禄の役)から始まる。
不幸にもその記憶は恥辱の歴史だった。その中で犠牲になった痛ましい民衆の話と
朝鮮人2万人の鼻と耳を埋めたという京都の耳塚の話を聞いたときは、血が逆流する思いをした。
さらに日帝強占期の虐政が加われば、決して許すことができない過去となる。

一方、米国の歴史は1620年に移民者を乗せたメイフラワー号が米東部に到達する時、本格的に始まる。
1776年の独立宣言から237年、メイフラワー号の到着から見ても400年にならない歴史を持つ米国人としては、
壬辰倭乱の記憶を忘れないというのが理解しがたいのかもしれない。

また、苦い歴史は簡単に忘れるのが米国人の習性だ。『米国の嘘(Lies Across America)』
というベストセラーで有名な米歴史学者ジェームズ・ローウェンはこういう結論を出した。
「米国人はよいことばかり記憶することを好む」と。数千万人のインディアン虐殺の歴史が忘れられたのもこのためだ。

もちろん米国人に壬辰倭乱まで熟知することを期待するのは無理かもしれない。
(中略)
残念なのは、米国の主流社会が古い過去でない、今の韓国もよく理解していないという事実だ。
これは米国内の韓国専門家の不在に理由を探すことができる。
米国にいる韓国通という人たちは正確にいうとほとんどが北朝鮮通だ。
韓国の歴史と伝統より、北朝鮮の核兵器がいくつあるかに大きな関心がある人たちだ。

代表的な韓国専門家とされる米外交委員会研究員スコット・スナイダーにこの問題を話すと、こうした言葉が返ってきた。
「韓国社会に対する分析に比べ、北朝鮮関連文のクリック数が2倍以上多い米国の世相のため」と。

米国が日本の集団的自衛権を支持するのは、韓国の感情を完全に理解できていない側面が強い。
なぜ韓国人は日本軍と聞けば身震いするのかという。
ワシントンの自称韓国通のうち壬辰倭乱をきちんと知っている人は果たして何人いるだろうか。
この問題を解決するうえで特に近道はない。着実に国家広報を続けるとともに、国家的・社会的に韓国人専門家を育てなければならない。

マケインに続きバイデン米副大統領が5、6日ごろ訪韓し、韓日関係の仲裁をする予定だ。
しかし両国が痛恨の過去を拭って真の友人になるには、化学的反応を起こさせる触媒が必要だ。真の反省ということだ。

先日北京で開かれた国際会議で、ある米国人日本専門家がこう述べた。
「日本は韓・中に数えきれないほど謝罪をした。これ以上要求すれば“謝罪疲労症”を招き、穏健派さえ背を向けるだろう」
という論理だった。すると中国の学者が返した。「何度か謝罪したのは確かだが、
すぐに妄言があふれるのに、それが真の反省なのか」という反撃だった。

米国は知らなければいけない。韓国の根深い反日感情を理解せず無理に双方を近づけようとするのは、
飯粒でレンガをくっつけようとするようなものであることを。 (中央SUNDAY第351号)

http://japanese.joins.com/article/061/179061.html?servcode=100&sectcode=120
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト