脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【政治】「東アジアの拠点に」鳩山元首相 沖縄の可能性語る

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/01(日) 16:41:31.44 ID:???0.net
「東アジアの拠点に」鳩山元首相 沖縄の可能性語る
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-226312-storytopic-3.html

鳩山由紀夫元首相が理事長を務める東アジア共同体研究所は31日、
那覇市に琉球・沖縄センターを開設したことを記念したシンポジウムを
ロワジールホテル那覇で開いた。約700人が詰めかけ、
識者らが東アジアの中で沖縄が果たすべき役割や可能性について語った。
 鳩山氏は開会あいさつで、琉球王国が東アジアの国々との
交易で栄えたことに触れ「沖縄は地理的にも歴史的にも文化的にも
政治・行政的にも東アジアのど真ん中に位置する、明るい希望のある地域だ」
と沖縄の有利性を強調。「沖縄戦で本土防衛の捨て石となり、
戦後は軍事力の要石となっていったが、沖縄を東アジアの拠点、平和の要石にしていきたい」と話した。
 シンポ後、鳩山氏は普天間飛行場の移設問題について
「国外移設の可能性は十分にある。政府は相当強硬な姿勢に出ているが、
県民の総意をしっかりと示すことができるような対応をしていきたい」と述べ、
県内移設反対の民意に添い活動を展開する考えを示した。
 シンポでは筑波大名誉教授で国際アジア共同体学会代表の進藤栄一氏、
「インサイダー」編集長の高野孟氏、元外務省国際情報局長の孫崎享氏が講演した。
 稲嶺進名護市長も登壇し、普天間問題に関する訪米行動について報告した

続きを読む

【韓国】 セウォル号遺族が8月来韓の法王に面談要請~廉枢機卿が周旋の用意表明

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/06/01(日) 20:55:58.02 ID:???.net
旅客船セウォル号惨事の犠牲者の遺族らが、8月に来韓する予定のフランシスコ法王との
面談を要請した。

キム・ビョングォン遺族対策委員長をはじめ、カトリック信者の遺族7人は30日午前、
ソウル中区(チュング)・明洞(ミョンドン)路のカトリックソウル大教区庁を訪れ、廉洙
政(ヨム・スジョン)枢機卿と面談した。遺族らは、廉枢機卿に対し、法王との面談やセ
ウォル号惨事を巡る速やかな国政監査、行方不明者の救助のための1000万人の国民署
名運動を要請した。

これについて、廉枢機卿は、8月18日、ソウル明洞大聖堂で行われる予定の法王の「平
和や和解のためのミサ」に遺族らを招き、別途の面談時間を設けるよう、最大限支援する
という意を明らかにした。遺族対策委で進めている行方不明者の救助のための1000万
人の国民署名運動も、カトリック教会のレベルで積極的に支援することにした。

キム委員長は、「子供を失った遺族らが、国政調査を参観するため、国会に出向いたが、与
野党が証人採択などの問題をめぐり、合意できず、3日間ずっと、遺族らは床で寝泊りし
た」とし、「事故当日の救助作業から現在に至るまで、なんら変わったことなど無い」と訴
えた。

廉枢機卿は、「セウォル号惨事は、物質に中心を置き、人間の生命を軽んじる社会的空気の
ためのおきた惨事だ」とし、「今回の出来事は、みなが生まれ変わるきっかけになるべきだ」
と語った。

ソース:東亜日報日本語版<セウォル号遺族が8月来韓の法王に面談要請、廉枢機卿が周
旋の用意表明>
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014053162578

関連スレ:【韓国】 ソウルでの法王ミサ、北朝鮮側に参列要請=韓国カトリック[05/25]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401021493/
【韓国】「韓国民は倫理的・霊的に生まれ変われ」 ローマ法王の異例の発言に多くの日本人が感動 [5/6]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399303853/l50

続きを読む

【中国】 人民解放軍幹部「中国は自らもめ事を起こしたことない」

1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/01(日) 16:32:53.52 ID:???.net
■軍幹部「中国は自らもめ事を起こしたことない」

【シンガポール=竹内誠一郎】 米国のヘーゲル国防長官は31日、シンガポールで、
中国人民解放軍の王冠中・副総参謀長と会談した。

王氏は、中国の南シナ海での石油掘削を「一方的な行動」と非難したヘーゲル氏の演説を
取り上げ、「中国に対する批判には根拠も道理もない」と主張し、緊迫した雰囲気となった。

王氏はまた、「双方が率直に批判しあうことは両国の問題解決にもつながる」とも述べた。
その間、ヘーゲル氏は硬い表情だった。

中国中央テレビによると、王氏はヘーゲル氏の非難に対し「中国は領土問題や海域の区分に
関し、長年にわたり自らもめ事を起こしたことはない」と反論した。

中国国防省の報道官によると、両氏は、合同演習など軍レベルの交流を強化することなどで
一致した。

ソース 読売新聞:2014年06月01日 07時09分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140531-OYT1T50125.html

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト