脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【国際】韓国とカナダが23日にFTA署名 10年以内に99%の品目の関税撤廃 自動車は3年以内に撤廃、日本との競争で優位に

1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 23:16:19.51 ID:???.net
韓国とカナダが23日にFTA署名
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM2100E_R20C14A9FF8000/
日本経済新聞 2014/9/21 22:23


 【ソウル=共同】カナダを訪問中の韓国の朴槿恵大統領に同行している韓国
大統領府高官は21日、韓国とカナダが23日に自由貿易協定(FTA)に署名す
ると発表した。韓国メディアが伝えた。両国は2005年から締結交渉を続けてき
た。

 同高官の説明では、両国は10年以内に輸出入額ベースで99%の品目の関税を
撤廃する。カナダが自動車輸入時に課している6.1%の関税も3年以内に撤廃さ
れるため、韓国は日本との自動車輸出競争で優位に立つことができると期待し
ているという。

 韓国はFTA拡大策を進めており、既に11の国や経済共同体と同様の協定を
締結している。


関連スレ:
【カナダ】「慰安婦制度」を展示=カナダ中部のウィニペグで人権博物館オープン[09/20]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1411166578/

続きを読む

【アサヒグラフ】南京事件に関する写真の誤用を認めた本多勝一氏「南京事件自体が否定されることにはならない」

1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 09:34:34.31 ID:???.net
「日本軍が南京で30万人虐殺した」という嘘をでっち上げた張本人である本多勝一氏が、
この度、南京事件に関する写真の誤用を初めて認めた。

今回、本多氏が誤用を認めたのは、同氏の著書『中国の日本軍』に掲載された、日本兵と
中国人が写った写真。
この写真は1937年11月10日号の「アサヒグラフ」では「我が兵士に護られて野良仕事より
部落へかへる日の丸部落の女子供の群」と説明されていた。

しかし、1972年に発刊された同書では、「婦女子を狩り集めて連れて行く日本兵たち。
強姦や輪姦は7、8歳の幼女から、70歳を超えた老女にまで及んだ」と解説されていた。

この矛盾点を追及したところ、本多氏は、「『中国の日本軍』の写真説明は、同書の
凡例に明記してあるとおり、全て中国側の調査・証言に基づくものです。(中略)
『アサヒグラフ』に別のキャプションで掲載されているとの指摘は、俺の記憶では
初めてです。確かに『誤用』のようです」と、文書で回答したという。

「週刊新潮」9月25日号が報じた。

本多氏は、中国側の証言のみを取材し、内容を十分に検証しないまま、「南京大虐殺」
に関する著作を出版していたことが、改めて明らかになったといえる。

ただ本多氏は、今回誤用を認めたことで、「南京事件自体が否定されることにはならない」
と述べている。

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8435

続きを読む

【国際】日本人と中国人の“好み”が統一、両国民が大好きな韓国食品とは? | レコードチャイナ

1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 02:09:37.72 ID:???.net
日本人と中国人の“好み”が統一、両国民が大好きな韓国食品とは?―韓国
http://www.recordchina.co.jp/a94518.html
レコードチャイナ 配信日時:2014年9月22日 1時31分


2014年9月19日、朝鮮日報中国語版は記事「韓国海のりが中国人観光客が一番好
きなおやつに―韓国スーパー」を掲載した。

韓国の大手スーパー、ロッテマートは17日、中秋節(14年は9月8日)休暇に韓
国のロッテマートを訪れた中国人観光客の購入動向を発表した。食品類の中で
購入量が最多となったのは韓国のりだった。

年初の段階ではチョコパイなどが最も人気の食品だったが、今では韓国のりに
人気が移った。外国人観光客の韓国のり購入量ではこれまで日本が最多だった
が、中国が上回ったという。業界は中国人と日本人の味の好みが近づいている
と分析している。

韓国ではのりを油で揚げてよりサクサク感を高めたものやのり巻きクッキーな
どの新製品も開発し、販売を強化している。(翻訳・編集/KT)

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト