脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【週刊ポスト】韓国漁船501オリョン号沈没事故 セウォル号との2つの類似点

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 17:07:03.45 ID:???.net
 同じ過ちを繰り返した。12月1日にロシア沖のベーリング海でスケトウダラ漁船「501オリョン号」が沈没した事故では、
乗組員60人のうち12人が死亡。7人が救助されたものの、残り41人が依然行方不明だ(3日時点)。水温2度の極寒の
海だけに、生存は絶望視されている。

 今回の漁船沈没事故は、300人以上の死者・行方不明者を出した旅客船・セウォル号沈没事故と2つの類似点がある。

 まず「船体の問題」だ。セウォル号は韓国の会社が日本の海運会社から買い取ったあと不適切な改造を施した上に、
まともに船体検査をしていなかったことが明らかになっている。

 オリョン号はスペインから2010年に買い取られたもので、建造後36年経った老朽船だった。在韓国ジャーナリストの
藤原修平氏が語る。

「近年の遠洋漁船の事故13件は、すべて建造後20年以上の船ばかり。韓国の遠洋漁船の75%以上は建造後25年
経過しているとされていて、老朽化問題は以前から懸念されていました。オリョン号が適切な整備を受けていなかった疑いも
指摘されています」

 もう一つが「人災」である。セウォル号は急旋回により船が傾いたことや船長が真っ先に逃げ出したことが問題視されたが、
今回の事故では風速20mでうねりを伴う荒波の中、漁を強行したことが事故の一因になった。

 行方不明者の家族は韓国メディアの取材に対し、「船が傾き始めて沈没するまで4時間以上の余裕があったのに、
脱出命令を適切に出さず、救助準備もままならないまま惨事になってしまった」と語っている。

 セウォル号事故と違うのは、乗組員の多くが外国人だったことだ。内訳は韓国人11人(うち4人死亡、7人行方不明)のほか、
インドネシア人35人、フィリピン人13人、ロシア人1人。韓国語が通じない彼ら外国籍船員に避難指示が適切に伝わったかどうかも
検証が必要になってくる。その結果次第では、国際社会からの非難も予想される。セウォル号の教訓は全く活かされていない。

※週刊ポスト2014年12月19日号

NEWSポストセブン 2014.12.14 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20141214_291266.html

続きを読む

【zakzak】平昌五輪共催案にNO! 長野に反対の声殺到 賛成意見はゼロ 平昌の組織委の発表で一件落着となるのか

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 17:15:57.11 ID:???.net
 2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪の大会組織委員会は12日、そり競技の日本を含めた国外開催はせず、
予定通りに全ての競技を韓国国内で実施すると発表した。これで分散開催は回避される見通しとなったが、
“候補地”として浮上した長野県や長野市には反対する声が殺到。「反日の韓国への支援は絶対反対」
「災害支援に税金を使うべきだ」…。日本での拒否反応の大きさが浮き彫りになった。

 分散開催案が浮上したのは、平昌の大会組織委が財政難で大会整備が遅れていることが背景にある。
特にボブスレーなどそり競技会場の建設が遅れており、韓国メディアによると、工事進捗(しんちょく)率は12・5%。
国際オリンピック委員会(IOC)が8日、複数国での「共催」を容認したことで、そり競技会場がある長野市が候補地として
一段とクローズアップされた。

 勝手に“名指し”された長野市には「分散開催に納得できない」という声が殺到。11日現在で、長野県には
400件以上、長野市には100件以上の意見がメールや電話で寄せられた。

 長野県教育委員会スポーツ課によると、「分散開催の賛成意見はゼロ」。反対意見の大半が、「反日感情を持つ
韓国との共同開催は絶対反対」などと、韓国の反日政策を理由に挙げるもので、「恩をあだで返す国だ」
「約束を守らない国に対して、なぜ支援しないといけないのか」という趣旨の声が上がった。

 長野県は今年9月に御嶽山噴火、11月に長野県北部地震に見舞われており、批判的な意見の中には、
「競技開催に税金をかけるならば、災害復興を優先すべきだ」とするものもあったという。

 「東京五輪も、韓国に持っていかれるのではないか」「札幌の開催に影響するのでは」などと20年の東京五輪や、
26年冬季五輪招致に名乗りを上げた札幌市の会場計画への影響を危惧する意見も寄せられた。

 平昌の組織委の発表で一件落着となるのか。

zakzak 2014.12.12
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141212/dms1412121829016-n1.htm

関連スレ
【信濃毎日新聞】平昌五輪そり競技、日本開催検討 長野の地元住民歓迎、行政慎重★2[12/08]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1418039709/l50

続きを読む

【中央日報】危機の中でも韓国の輸出を支える半導体産業

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 20:13:58.36 ID:???.net
嶺東(ヨンドン)高速道路の戸法分岐点を過ぎて江原道の方面に向かうと、道路の左側に巨大な工事現場が現れる。
タワークレーン数十基があちこちに見え、夜でも昼のように明るい。今年前半期から始めた京畿道利川SKハイニックス
DRAM半導体工場の新築工事現場だ。延べ面積6万6000余平方メートル(約2万坪)規模のこの工場は現在、
工程進捗率が50%で、来年下半期に完工する予定だ。韓国製造業界の“長男”格のサムスン電子さえもスマートフォン
実績が急落し、全国が景気低迷に苦しんでいるが、少なくともここでは不況の雰囲気が感じられない。新工場の建設が
日ごとに進み、従来の半導体工場も24時間、365日、100%稼働し、SKハイニックスの周辺の食堂など商店街は
夜遅くまで客が多い。

半導体産業が韓国の輸出1位の地位をまた固めている。今年に入って11月までサムスン電子・SKハイニックスなど
国内企業の半導体輸出実績は568億8300万ドルと、全体輸出品目のうち10.9%を占め、1位を守っている。
まだ12月の1カ月が残っているが、2位の石油製品の輸出額(481億6100万ドル)とは差が大きく、順位が入れ替わる
可能性は低い。特に年末まで12カ月間の輸出額は合計600億ドルを超えると予想され、過去最大の半導体輸出実績を
記録するとみられる。この場合、半導体産業は昨年に続き2年連続で輸出1位となる。

実際、半導体産業はその間、韓国の「ドル箱」だった。半導体で稼いだ外貨が家電と携帯電話、通信装備など関連産業を
起こす「元手」となった。しかも1992年から2007年までの16年間は不動の輸出品目トップを守ってきた。しかし翌年の
世界金融危機で揺れ始めた。2008年の半導体輸出は327億9300万ドル、全体品目のうち7.8%となり、6位に転落した。
半導体は2年後の2010年、造船や自動車を抑えて一時的に1位となったが、翌年からまた2位、3位に落ちた。企業間の
設備投資競争が過熱したうえ、金融危機後に続いた世界経済の不況で半導体景気も同時に冷え込んだからだ。

韓国の半導体産業が復活したのは、2年前にサムスン電子とSKハイニックスがグローバル半導体企業間の“チキンゲーム”を
踏んで立ち上がったからだ。サムスン電子はマイクロンやNECなど米国・日本の先進企業を90年代から退け、メモリー半導体
産業のトップに立った。SKハイニックスも2000年代後半、最後のチキンゲームで勝者側に立ち、確固たる世界2位に浮上した。
さらに2010年前後から生じたスマートフォンなどデジタル機器ブームで半導体需要が急増したのも大きかった。業界では
サムスン電子とSKハイニックスの「ライバル」は当分出てこないとみている。半導体微細工程技術が後発走者の追随を許さないほど
進んでいるからだ。

しかし安心してばかりはいらない状況だ。最近、中国政府が半導体産業を強化する動きを見せている。中国国務院は今年6月、
「国家IC産業発展推進指針」を公表し、来年の中国半導体産業の売上目標を3500億元(約6兆6000億円)に設定した。
また、合計1200億元規模の「国家産業投資基金」を設立するなど、半導体産業の育成に強い意志を見せている。さらに
中国はサムスンとSKハイニックスが脆弱な非メモリー分野で最近、韓国の技術レベルを超えるほど急成長している。

KAIST(韓国科学技術院)のキョン・ジョンミン教授は「韓国企業が非メモリーに総力を挙げなければ、輸出トップ品目の半導体も
過去の話となる可能性がある」と述べた。

中央日報/中央日報日本語版 2014年12月12日10時31分
http://japanese.joins.com/article/921/193921.html
http://japanese.joins.com/article/922/193922.html

関連スレ
【韓国】 半導体市場シェアで韓国が16.2% 日本(13.7%)を抜いて世界2位[03/24]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1395648851/l50

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト