脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国】「日本は詐欺師」、文科相発言に韓国が強烈に反発

1:2014/03/30(日)06:13:02 ID:
韓米日首脳会談から半日も経たないうちに、日本の閣僚が「河野談話と村山談話は政府の正式な立場
ではない」と述べたことで、韓国政府やメディアが強烈に反発している。韓国メディアは「正面から
水を浴びせられた」「日本は詐欺師の本性を現した」「政府高官の詭弁は日本政府の本心を代表して
いる」など、日本政府への攻撃を強めている。3月29日、環球網が伝えた。

韓国SBSテレビによると、日本の下村博文文部科学相は韓米日首脳会談終了後の26日、従軍慰安
婦の強制連行の部分を教科書から削除する方針を表明。従軍慰安婦問題について謝罪した「河野談話」
や「村山談話」は、「閣議決定を経ておらず、政府の統一見解ではない」などと述べた。

これに対し韓国外交部の趙泰永報道官は27日、「不当な発言で、このような言動が繰り返されるべ
きではない」とする談話を発表した。

韓国の与野党も一斉に反発し、与党の新国家党は「『河野談話』や『村山談話』を継承するという発
言が、首脳会談を開くための全く誠意のないものでないことを願う。さもなくば、安倍首相や日本の
右翼政治家の考えには疑問を抱かざるを得ない」とするコメントを発表した。最大野党の新政治民主
連合も「日本のこのような裏表のある行為は本当に腹立たしい」と表明した。

韓国メディアの中央日報は「安倍首相は朴槿恵大統領には『会えて嬉しい』と言いながら、半日もた
たずに冷や水を浴びせた。下村文科相の詭弁は日本政府の本心を表している」と批判。朝鮮日報も「
韓国の外交界は韓日関係の改善に対し悲観的だ。4月に高官会議を予定しているが、日本が慰安婦に
関する韓国の要求を認めるのは難しい」などと指摘し「首脳会談が終わった途端に日本が詐欺師の本
性を現した」と報じた。韓国のテレビ局YTNは「安倍内閣の閣僚は歴史認識の誤りを反省するどこ
ろか、国際舞台で世論戦を挑んでいる。安倍内閣がこのような言動を繰り返すなら、韓日関係はさら
に冷え込むだろう」と分析した。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/378003/
続きを読む

回答者73%「わが国、軍事費増やすべきだ」=中国でアンケ

1:2014/03/31(月)17:12:16 ID:
広州社情民意研究センターがこのほど、無作為抽出した全国の都市部住民2000人を対象に、自国の安全問題についてアンケート調査を実施したところ、回答者の73%が、「軍事費を増加させるべき」との意見を示した。中国新聞社などが報じた。

中国当局関係者は、「中国は大国であり軍事費はさらに増やす必要がある」、「中国の軍事力増強は世界と地域の安定に役立つ」といった主張を繰り返している。

(中略)

中央政府による軍事費の増加について、回答者の73%が「支持する」との考えを示した。「支持しない」は14%、「何とも言えない」は13%だった。圧倒的多数が軍事費の増加を認めていることが分かった。

「中国の軍事費は多いと思うか」と質問したところ「少ない」は44%、「多い」は16%、「ちょうどよい」は40%だった。軍事費は増やすべきと考えている人の中で「現状では少なすぎる」、つまり「もっと早いペースで増やした方がよい」と考えている人が、相当に多いことが分かった。

「長期的にみて中国にテロリズムの脅威が存在するか」との質問については、「存在する」が81%、「存在しない」は14%、「何とも言えない」は5%だった。ただし同アンケートは、3月1日に雲南省昆明市内で130人以上を殺傷した無差別襲撃事件の記憶が強烈に残る時期に実施したため、テロの脅威を感じる人が特に多くなった可能性もある。

広州社情民意研究センターによると、同調査は香港や澳門(マカオ)を除く中国本土の23省の省都と北京、天津、上海、重慶の住民を対象に行った。ただし、新疆ウイグル自治区、チベット自治区、内モンゴル自治区、寧夏回族自治区については、「言葉の上での問題」があるため、調査しなかった。

調査対象の性別、年齢、職業、学歴などは都市人口の基本的な特徴に合わせた。調査結果の「絶対誤差」は2.2%未満という。(編集担当:如月隼人)

2014-03-31 12:25 サーチナ
http://news.searchina.net/id/1528444
続きを読む

韓国・朴大統領の「演技」 どこまで自己中心的で甘えているのか

1:2014/03/30(日)07:51:51 ID:
【阿比留瑠比の極言御免】

25日夜にオランダで行われた日米韓3カ国首脳会談の冒頭部分をテレビで見て、韓国というのはつくづく厄介な国だなあと改めて痛感した。

それと同時にドイツの社会学者、マックス・ウェーバーの著書『職業としての政治』の中の次の言葉を連想した。ウェーバーの引用を好む政治家や政治記者が、なぜか、あまり取り上げない部分である。「政治家にとって大切なのは将来と将来に対する責任である。ところが『倫理』はこれについて苦慮する代わりに、解決不可能だから政治的にも不毛な過去の責任問題の追及に明け暮れる。政治的な罪とは-もしそんなものがあるとすれば-こういう態度のことである」

さて、3カ国会談では、安倍晋三首相がわざわざ韓国語で「お会いできてうれしい」と語りかけたのに対し、朴槿恵大統領は返事も会釈もせず、硬い表情を崩さなかった。イヤイヤ出てきたようなその様子は、北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射などで緊張が高まる東アジアの「今そこにある危機」の協議よりも、70年も昔の歴史問題の方がもっと重要だと言わんばかりだった。日本では一般に、事の軽重、物事の優先順位が分からないことを「愚か」と呼ぶが、韓国では全く基準が違うのだとみえる。

もっともテレビに映らない場面では「安倍首相と朴氏は握手し、笑顔であいさつしていた」(同席した政府関係者)。朴氏の外交儀礼を無視した態度は、主に韓国内向けのポーズだったのだろう。
(中略)
日本の首相に、少しでも歩み寄ったような印象を与えるのは政権運営上、朴氏としては避けたいところなのである。

理解し難いのは、世界でこれだけ日本の悪口をまき散らしながら、当の相手が自分の「演技」に付き合うのは当然だと考えているフシがあることだ。しかも米国まで巻き込んで、である。どこまで自己中心的で甘えているのか。

その上、朴氏は今回の3カ国首脳会談直前にも、独紙で「日本の一部の政治指導者らが、過去の歴史問題や慰安婦問題で韓国国民の心に傷を与え続けた」などと日本批判を展開している。これから会談する相手への配慮などまるでない。

そもそも、日韓関係が現在のように悪化したきっかけは2012年8月、李明博前大統領が歴代大統領で初めて竹島(島根県隠岐の島町)に上陸し、さらに突如として天皇陛下に謝罪を求めたことにある。

朴氏は日本が韓国国民を傷つけたと繰り返すが、日本国民にも感情があり、韓国側の言動に心痛を覚えているという当たり前の道理は理解できないらしい。

「情熱と判断力の2つを駆使して、どんな事態に直面しても断じてくじけない政治家でありたい」

安倍首相は今年1月の衆院本会議で、ウェーバーの言葉を引いてこう述べた。記者の心構えもかくありたいと思うが、韓国の頑迷さには時にくじけそうになる。(政治部編集委員)

2014.3.30 07:22 SankeiBiz‎
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140327/mca1403271505000-n1.htm~n3.htm
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト