脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【台湾】親日・台湾はいま…浸透する日本文化、アニメ・ドラマ通じ、若者に多い「哈日族」。ただ、気がかりなデータも

1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 23:00:11.03 ID:???.net
ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/world/news/140605/chn14060521560014-n1.htm

 「接接接(じぇじぇじぇ)!!」

 午後8時、台湾のテレビから、おなじみのセリフが響き渡った。

 女優の能年玲奈さん(20)が主演し、大人気となったNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。日本で最終回を迎えた2カ月後の
2013年11月から、台湾のケーブルテレビ局「ビデオランド」が放送を始めた。

 同社はドラマやバラエティー、アニメなど日本のテレビ番組の専門チャンネルとして人気を博しており、800万の台湾世帯のうち、
500万世帯以上が視聴可能となっている。

 だが、台湾で日本のテレビ番組が自由に見られるようになったのは、わずか20年前のことだ。それ以前は、日本の文化は厳しく
規制されていた。

     ◇

 台湾は日清戦争(1894~1895)以後、50年にわたる日本統治により、日本の文化、制度が社会の隅々にまで浸透した。法律も
日本本土と同じものが適用され、子供は学校で日本語教育を受け、「国史」として日本史を学んだ。台湾の旧制中学が甲子園に出場
したこともある。終戦時、台湾の日本語識字率は75%に達した。

 この台湾に、蒋介石が逃げ込んできた。

 1945年8月、先の大戦が終わると、中国では蒋介石率いる国民党と、毛沢東の中国共産党による「国共内戦」が再び繰り広げられた。
国民党は共産党に敗れ、49年12月に台湾へ撤退した。

 台湾にたどり着いた蒋介石は、人々を「中華民国の国民」にするため、荒療治を行った。学校では徹底した反日教育を実施し、
日本の歌や映画を禁止した。

 戒厳令の下で進む「脱日本」。子供は家に帰ると、日本人として育った親から日本統治時代の良さを聞かされることも多かったという。

 転機は88年1月に訪れた。蒋介石の長男、蒋経国総統死去に伴い、副総統だった李登輝氏が総統に就任したのだ。李氏は
日本統治下の台湾で生まれ育ち、自ら「21歳まで日本人として育った」と語った。

 李氏は反日一辺倒の教育から、日本統治下の「功罪」を客観的に教えるよう方針転換したほか、94年には日本のテレビ番組の
制限解除を決定。以降、台湾には日本文化が一挙に流れ込んだ。

 現在、台湾には一日中、日本のアニメやバラエティーなどを流す専門チャンネルがいくつもある。20代以下の世代は、「セーラー
ムーン」や「こちら葛飾区亀有公園前派出所」など、日本のアニメを見て育った。日本への関心も高まり、台湾の大学や専門学校など
で選ぶ第2外国語として、日本語は不動の1位だ。日本の流行に敏感な若者を指す「哈日族(ハーリーズ)」という言葉もある。

 日本の公益財団法人「交流協会」が2013年に台湾で実施した世論調査によると、最も好きな国として「日本」を挙げたのは43%で、
2位の米国・中国・シンガポール(いずれも7%)を大きく引き離した。年齢別にみると20~29歳が特に高く、54%が「日本」と回答した。

 日本文化に魅せられた若者が、日本統治時代に育った高齢者に取って代わって台湾の親日を牽引しているといえる。

 親中姿勢が批判を集める馬英九総統も、日本との交流強化に取り組んでいる。11年9月に日台間の投資を促す民間投資協定を
締結し、11年11月には日本の地方空港に台湾の航空機が自由に就航できるオープンスカイ協定も結んだ。

 協定により、日台間の航空便は1・5倍に増え、九州でも宮崎空港や鹿児島空港に台北との直行便ができた。九州各地の温泉には、
大勢の台湾人が訪れるようになった。

>>2以降に続く)

続きを読む

【韓国】キム・ヨナ異議棄却に韓国で怒りの声

1: 〈(`・ω
・`)〉Ψ ★@\(^o^)/
2014/06/06(金) 18:37:02.78 ID:???.net
金メダルを逃したキムヨナ選手
20131025-28

no title

no title


国際スケート連盟(ISU)が3日、ソチ五輪フィギュア女子でキム・ヨナ(韓
国)が銀メダルに終わったことを不服とする韓国スケート連盟と韓国オリンピック
委員会からの異議申し立てを棄却した。ISUの棄却発表に対し、韓国国内では、
怒りの声が渦巻いている。

 6日の朝鮮日報(電子版)は「ISUの異議申し立て棄却に韓国ネット
ユーザーは怒りの声」との見出しで記事を掲載。

 「キム・ヨナ選手の異議申し立てが棄却されたとニュースで知った人々は、
ネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などに
『本当に荒唐無稽(むけい)であきれてしまう』『キム・ヨナ、がっかりしないで!』
『韓国人の心の中では金メダルだ』などと書き込んでいる」と報じた。

 また、同紙では「ソチ五輪のフィギュア審判団には1998年の長野冬季五輪で
判定を操作しようとして1年間の資格停止処分を受けたユーリ・バルコフ氏=
ウクライナ=と、ロシア・フィギュア連盟元会長の夫人アラ・シェコフセバ氏=
ロシア=が含まれており、シェコフセバ氏は金メダルを取ったアデリナ・ソトニコワ
選手=ロシア=とハグしたため、審判員構成に疑問が呈されていた」と伝えている。
デイリースポーツ
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/06/06/0007028178.shtml

続きを読む

【中国国防省】米国防総省の年次報告書に憤慨 「断固反対」

1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 18:00:24.49 ID:???.net
 中国国防省は6日、中国の軍事動向に関する米国防総省の年次報告書について
談話を発表し、

「正常な国防・軍隊建設をむやみに非難し、中国の『軍事的脅威』を誇張しており、
極めて誤ったやり方だ」として、「断固反対」を表明した。

 談話は報告の具体的内容は評価中だとし、さらなる対応を取る可能性を示した
(2014/06/06-16:42)北京時事
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014060600729

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト