脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【調査/新報道2001】安倍内閣支持55.2% 不支持36.2% 次回選挙投票先 自民36.0% 民主6.2% 野党再編に期待する46.2% 期待しない50.8%

1:2013/12/15(日) 08:58:05.22 ID:
(12月12日調査・12月15日放送/フジテレビ)
【問1】次の選挙でどの政党の候補者に投票しますか。
自民党 36.0%(↑) 共産党 2.4%(↓)
民主党 6.2%(↑) 社民党 0.2%(↓)
日本維新の会 1.0%(↓) みどりの風 0.2%(―)
公明党 4.0%(↓) 無所属・その他 3.6%
みんなの党 2.0%(↓) 棄権する 2.8%
生活の党 0.6%(↓) (まだきめていない) 41.0%
【問2】あなたは安倍政権を支持しますか。
支持する 55.2%
支持しない 36.2%
(その他・わからない) 8.6%
【問3】みんなの党の江田前幹事長をはじめ14人が離党し、将来の野党再編を視野に、年内に新党を結成する方針です。あなたは江田氏の今回の行動を支持しますか。
支持する 37.4%
支持しない 53.8%
(その他・わからない) 8.8%
【問4】江田氏の動きなどをきっかけに“野党再編”が注目され始めています。あなたは野党再編に期待しますか。
期待する 46.2%
期待しない 50.8%
(その他・わからない) 3.0%
【問5】あなたは配偶者控除や年金の第三号保険者制度など、専業主婦に有利な制度についてどう思いますか。
賛成 70.8%
反対 19.8%
(その他・わからない) 9.4%
首都圏の成人男女500人を対象に電話調査
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/chousa.html
続きを読む

【慰安婦問題】朝日新聞 スクープ扱いで「インドネシア慰安婦」でっち上げ

1:2013/12/14(土) 07:27:07.91 ID:
 朝日新聞が2013年10月13日付の朝刊1面トップで東南アジアの慰安婦問題を大々的に取り上げた。
その狙いについて、東京基督教大学教授の西岡力氏が解説する。

 * * *
“スクープ”扱いの記事はこう始まる。

<旧日本軍の慰安婦問題が日韓間で政治問題になり始めた1992~93年、日本政府が他国への拡大を
防ぐため、韓国で実施した聞き取り調査を東南アジアでは回避していたことが、朝日新聞が情報公開で
入手した外交文書や政府関係者への取材で分かった>

 何と20年以上も前の話である。当時の日本政府が東南アジアの慰安婦問題の真相解明に後ろ向きだった
という内容だ。

 これがスクープといえるのか。その横には東南アジア諸国は経済発展を重視し、途上国援助(ODA)を受ける
日本政府との関係悪化を恐れ、政治問題化を避けたという解説記事が載っている。

 翌14日付朝刊1面でもインドネシアの慰安婦問題を取り上げる力の入れようである。

 当時、旧日本軍の慰安婦らの苦難を記録したインドネシア人作家の著作が発行される予定になっており、
駐インドネシア公使は、〈著作が発行されれば、両国関係に影響が出るとの懸念をインドネシア側に伝えていた〉
という。

 そのうえで公使の動きを〈文学作品発禁を促すものとみられ、当時のスハルト独裁政権の言論弾圧に加担した
と受け取られかねない〉と批判している。

 全体を読めば、慰安婦問題の真相解明を求めたとされるインドネシア側に、日本政府が圧力をかけたと思わせる
紙面づくりになっている。

 日本占領下のインドネシアでは、強制収容所から慰安所に入れられたオランダ人女性が強制売春をさせられた
として、戦後、旧日本軍元兵士を告発した。

 元兵士は軍事法廷(BC級戦犯裁判)で裁かれ、十数人が死刑を含む有罪判決を受けた。そうした個人的な
犯罪はあったにせよ、旧日本軍や官憲がインドネシア人女性を組織的に強制連行したという証拠は見つかって
いない。

 なぜ今、インドネシアの慰安婦が問題なのか。朝日新聞は次のように書いている。

<インドネシアでは90年代、民間団体の呼びかけに約2万人が旧日本軍から性暴力を受けたと申し出た。慰安婦
ではなかった人もいるとみられるが、実態は不明だ>(10月14日付朝刊)

 インドネシアには最も多い時で、軍人、民間人あわせて4万5000人の日本人がいた。それに対して慰安婦が2万人
とは常識では考えられない数であり、朝日新聞が実態を知らないはずはない。

 2万人が申し出たのは、当時、元慰安婦として登録すれば賠償金がもらえるという話が広がっていたからである。
実際には慰安所で働いていない女性でも「何らかの被害にあった」と申告すれば慰安婦として登録されたという。

 朝日新聞が20年以上も前の話を蒸し返し、スクープとして取り上げたのは、2万人が慰安婦として登録されている
インドネシアに、新たな火種を撒こうとしているとしか思えない。

※SAPIO2014年1月号


NEWSポストセブン: 2013.12.14 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131214_231364.html
続きを読む

【人民日報】日本は「普通の国」化やめよ。中国ら国際社会は軍国主義復活・再武装を許さない

1:2013/12/13(金) 18:43:06.20 ID:
今日は南京大虐殺で犠牲となった同胞を追悼する日だ。
76年前、日本軍国主義者は南京でこの世のものとは思えぬ残虐な大虐殺を行い、
中国、アジア、さらには世界の人々に癒しがたい傷の痛みをもたらした。今日にいたるもなお、
あの殺戮者達は東京の靖国神社に祀られ、安倍氏とその内閣は崇敬の情を抱き、
様々な方法で参拝し、弔っている。(文:孟彦・国防部<国防省>国際伝播局副局長、人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

好戦的でみだりに武力を用いる、途方もない大罪を犯したこのような国に対して、国際社会は軍隊を保持せず、
交戦権を永遠に放棄するよう強制的に命令したうえ、これを日本の平和憲法に盛り込んだ。

だが近年日本は急激に右傾化し、この鉄の制約の打破を急ぎ、「歴史否認」の歪んだ風潮を巻き起こし、
「侵略の定義は定まっていない」とわめき立て、懺悔も省察もしないばかりか、
反対に軍事力整備と戦争準備に拍車をかけ、敗戦国体制からの脱却を企てている。

この1年間、日本はしきりに行動を起こした。軍事予算面では10数年ぶりに大幅な増加を実現し、
24兆5000億円という空前の規模にした。軍事配備面では南西諸島・第一列島線での軍事的プレゼンスを強化したうえ、
硫黄島などに通信傍受施設、那覇に飛行監視部隊を新設すると発表した。

軍事演習面では陸海空の精鋭部隊を出動して、大規模な合同離島奪還軍事演習を行った。
装備面では「武器輸出三原則」を一歩一歩突破し、米国の無人機「グローバルホーク」の購入を計画し、
新型兵器・装備の開発を続けている。

甲午海戦(黄海海戦)での清政府の賠償金で建造した軍艦「出雲」は中国侵略戦争の上海侵攻時の旗艦であり、
中国人民の鮮血にまみれている。だが今日、日本は新たな準空母「いずも」を改めて建造し、進水させた……
これら1つ1つのどこに、歴史を省察し、教訓を汲み取る姿勢が見られようか?軍国主義復活の動きでないものがあろうか?

日本は第2次大戦前に「軍機保護法」を公布し、侵略戦争の発動に反対する者を一掃した。
今、安倍内閣は野党と民衆の強い反対を顧みず、「特定秘密保護法」を強行可決したうえ、
「4大臣」主導の「国家安全保障会議」を設立した。これらによって日本は、
いよいよしたい放題に対外軍事拡張を行えるようになる。
国際社会は日本の動きを強く警戒し、大きな後退だと指摘している。

同法案に反対した日本の参議院議員は「日本が今歩んでいるのは、ファシズム国家を再びつくる道だ」と直言した。

日本の行っている事を分析すると、第二次大戦前にある種似通った軍国主義の亡霊が日本国内を徘徊していることに難なく気づく。
全力を尽くして「軍国化」戦略を推し進める一方で、「中国はすでに軍国主義国家だ」と白黒を逆さまにした非難をする。
あろうことか日本の駐中国公使は少し前に
「もし中国側が日本の秘密保護法案は軍国主義を招くと非難するのなら、中国はすでに軍国主義国家だ」と公言したのだ。

日本にはどんな放言も敢えてし、どんな嘘も敢えて口にし、どんな事も敢えて行う政治屋がいる。
今年9月25日、安倍氏は米議会で演説した際、他人にどう言われようと我が道を行く様子で
「もし私を右翼の軍国主義者と呼びたいのなら、どうぞ」と述べた。

日本防衛省は釣魚島(日本名・尖閣諸島)領空に進入した中国無人機を撃墜すると揚言すらした。
戦争熱に浮かれていることがうかがえる。

歴史は澄んだ鏡であり、過去を担い、未来を明示する。もし日本が引き続き頑なに改めず、
いわゆる「普通の国」を追求し、「軍国の夢」を膨らませ続けるのなら、
中国とアジアの人々のみならず、世界各国の人々にとっての災難だ。
中国を含む国際社会は軍国主義が息を吹き返すことを断じて許さない。

前事を忘れず、後事の師とする。南京大虐殺で同胞が犠牲となってから76周年にあたり、
われわれは日本右翼勢力に対して、一日も早く「軍国の夢」の幻想を捨て去るよう忠告する。
日本は歴史を銘記し、平和を大切にしてのみ、再び歴史に汚名を残すことを免れられるのだ!

http://j.people.com.cn/94474/8484009.html
http://j.people.com.cn/94474/204188/8484012.html
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト