脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【eスター】 「高まる‘嫌韓’私はどうして日本に生まれたの?帰化はしない、差別と戦う」、 在日韓国人 2世インタビュー

1:2014/05/28(水)11:36:48 ID:
在日韓国人の現実が公開される。

28日放送される tvN ロードトークショー ‘高声国の赤い椅子(以下赤い椅子)’では高まる ‘嫌韓(嫌韓)’ 雰囲気のため息をしにくい
位と言う在日韓国人たちの現実が電波に乗る。

最近進行された ‘赤い椅子’ 録画で二つの MC 高声国とキム・ジョン民は日本に渡って在日本朝鮮居留民団(以下民団) 所属
在日韓国人 2世ゾングヘリョング(80)さんと梨花者(68)さんを含めて在日韓国人 3世朴有識(33) さんに会った。

二つの MCの会った在日韓国人たちは安倍政権登場以後もっと高まる日本の嫌韓雰囲気に同じ言葉で憂慮を現わした。

在日韓国人たちは “こんなにしていて後には韓国人なのを隠して暮さなければならないかも知れないという気がするほど”と言った。

特にこれらは独島問題と歴史問題などで韓日関係が悪くなるほどもっと大変な状況を感じると口をそろえて言って言った。

甚だしくは彼らは “‘私はどうして日本で生まれたの? 韓国で生まれたら良かったでしょうに’という考えさえするようになる”と言って
見る人々の胸を痛くした.

‘赤い椅子’で在日韓国人たちは言語と感情の問題を越して一番現実的な差別で近付く ‘参政権制限’の問題も指摘した。

帰化しなければ参政権を受けることができなくてまともに権利と義務を享受することができない状況だ。

しかしこんな状況でも放送に出演した在日韓国人たちは “帰化するつもりはない。 問題を回避して逃げだすより差別を無くすために
戦う”と打ち明けた。

悪化の一途の韓日関係を肯定的に転換させることだけがこんな問題を解くことができる鍵と言う在日韓国人たちの叫ぶことが
‘赤い椅子’で伝えられる見通しだ。

eスター(韓国語)機械翻訳
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=922066
続きを読む

【中国経済】中国・新疆の観光客激減 無差別殺傷以降40%も 当局、苦肉の報奨金計画も

1:2014/05/28(水)20:41:33 ID:
 中国新疆ウイグル自治区政府によると、雲南省昆明市で3月1日に発生したウイグル族によるとみられる無差別
殺傷事件以降、同自治区を訪れる観光客が激減し、観光局幹部は「昨年同期比で観光客は約40%減少した」
と述べた。中国の代表的なウェブサイト「中華網」が28日伝えた。

 同局は観光振興策として、同自治区を訪れた全ての観光客に500元(約8千円)の報奨金を支払うことを計画
している。

 自治区では区都ウルムチ市で22日にも爆発事件が発生し39人が死亡するなど、大規模な無差別殺傷事件が
相次いでいる。習近平指導部は「テロとの戦争に臨む」(郭声●(=王へんに昆)公安相)と宣言し、力による
封じ込めに全力を挙げている。

(つづきはソースで)


msn産経ニュース: 2014.5.28 12:54
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140528/chn14052812540005-n1.htm
続きを読む

韓国の未来はどうなる・・8割以上が回答した社会像とは?―中国メディア

1:2014/05/27(火)22:10:24 ID:
中国のニュースサイト・中国網は26日、「調査報告:85.2%の民衆、韓国の未来は『監視社会』になると回答」と題した記事を掲載した。

韓国紙・朝鮮日報(電子版)は25日、未来の韓国は「監視社会」になる可能性が高いと報じた。
韓国未来創造科学部が25日に発表した韓国人の社会の変化に対する認識についての調査結果によると、85.2%が「韓国の未来は『監視社会』になる可能性が高い」と答えた。

科学技術の急速な発展を受け、回答者たちは未来の生活に懸念を抱いていることが分かった。
中でも、「プライバシーの侵害」に対する懸念を示した人は89.4%、「人類の尊厳が破壊される」は83.2%に達した。68.7%が未来社会の定義を「2021年~2040年」とした。
「未来の技術に強い興味がある」人は90.6%。74.4%が「海底都市が建設される」、64.7%が「ロボット戦闘システムが構築される」、53.3%が「地球外生命体が発見される」との予測を示した。

未来社会の重要な価値観は「安全な生活環境」(26.5%)、「余暇」(20.4%)、「健康」(20.3%)。
科学技術の発展が未来社会にもたらすプラスの変化は、「生活がもっと便利になる」(84.2%)、「人類の余暇が増える」(84.2%)、「新エネルギーが発見される」(94.3%)。
その一方で、「新たな病気が出現する」との懸念も89.3%に上った。

「環境汚染と気候温暖化問題が解決される」はわずか41.5%。
未来の政府の重点課題については、「地球温暖化などの環境問題」が46.7%に上った。
映画のようなロボットが人間に代わる社会に対しては、40.8%が「同感しない」、29.3%が「同感する」と答えた。調査は4月18日~23日、韓国の16歳~40歳の1000人を対象に行われた。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

ここまで1/2ページ
続きはソースで

韓国の未来はどうなる・・8割以上が回答した社会像とは?―中国メディア
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/383750/
続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト