脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

河野洋平「証拠がないからと今も苦しむ慰安婦の存在や悲劇まで無かったとの主張に悲しみさえ覚える」

1:2013/12/02(月) 17:40:12.69 ID:

慰安婦問題を悪化させ、日本と日本人の名誉を汚し続けている「河野談話」について、主婦のグループから公開質問状を突き付けられていた河野洋平元官房長官が、やっと回答した。
だが、その中身は人ごとで、国会などで説明責任を果たす意思も示さず、ずさんな調査のまま談話を発表したことへの反省などは一切なかった。

河野氏の回答はA4判1枚の簡単なもの。「お手紙拝見させていただきました」という書き出しで始まり、批判が噴出している河野談話について、
「当事者である私自身が発言することは、安倍総理も国会等で発言されているように『この問題を政治問題、外交問題化させるべきではない』との考えから、
取材・講演等を基本的にお断りして参りました」と説明。

自身の気持ち・考えについては、読売新聞の「時代の証言者」(2012年10月8日)という記事を示し、「掲載された内容と変わりがないことを申し添えます」と結んでいた。

質問状を送っていたのは、普通の主婦たちによる、正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」。
産経新聞が10月16日にスクープした「元慰安婦報告書 ずさん調査」の記事で、慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の根拠である元慰安婦への聞き取り調査が、
極めていい加減だったことを知ったという。
このため、なでしこ-は先月4日、河野氏に対し、「国会などで国民に説明する意思があるか」「河野談話の撤廃に賛同するか」「国賊という批判をどう思うか」といった質問状を送ったのだ。

河野氏は前出の読売記事で、慰安婦への聞き取り調査について「総じて『強制性』を認めるべき内容と判断しました」とし、政府の資料がないまま強制性を認めたことを
「紙の証拠がないからといって今も苦しむ女性の存在や戦争中の悲劇までなかったといわんばかりの主張には、悲しみさえ覚えます」と証言している。
続きを読む

【北朝鮮】張成沢が失脚したもよう、側近2人公開処刑・・・韓国情報機関

1:2013/12/03(火) 17:45:16.12 ID:
○北朝鮮・張成沢氏「失脚したもよう」=韓国情報機関

北朝鮮・金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父で実力者の張成沢
(チャン・ソンテク)国防副委員長が失脚したようだと、韓国情報機関、
国家情報院が3日、明らかにした。

国家情報院は同日、国会情報委員会に「11月中旬に張氏の側近2人が
公開処刑された。その後、張氏が姿を消した」と報告。張氏が失脚した
との見方を示した。

報告によると、公開処刑された2人は李龍河(リ・ヨンハ)行政部第1部長、
張秀吉(チャン・スギル)行政部副部長。北朝鮮は軍内部に2人の
公開処刑を知らせたという。

失脚の背景はまだ確認されていない。

□ソース:聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/12/03/0200000000AJP20131203003400882.HTML
続きを読む

【宇宙】中国が無人探査機「嫦娥3号」打ち上げ 月面着陸へ

1:2013/12/02(月) 14:40:46.52 ID:
★中国、無人月探査機「嫦娥3号」の打ち上げ成功
2013.12.02 Mon posted at 09:25 JST

(CNN) 中国は2日未明、同国初の無人月探査機「嫦娥(じょうが)3号」を打ち上げた。
月面着陸を成功させれば、米国、旧ソ連に続いて世界で3番目となる。

国営新華社通信によると、嫦娥3号を搭載したロケット「長征3B」は現地時間の2日午前1時半、
同国南西部四川省の発射場から打ち上げられた。12月半ばに月に到達する見通し。

嫦娥3号はまず月面の地形を調べ、安全な場所を選んでから着陸する性能を備える。
着陸候補地には「虹の入江」と呼ばれるクレーターが挙がっている。

着陸後は6輪駆動の探査車「玉兎」を放出。少なくとも3カ月にわたって月面を移動しながら、
4台のカメラや2本のロボットアームを使って月面の掘削調査などを行う。玉兎は一般公募で
選ばれた名称で、中国の伝説に登場する月の仙女、嫦娥のペットの白ウサギの名に由来する。

一方、米航空宇宙局(NASA)は、嫦娥3号の着陸によって月面にちりが吹き上がり、
NASAが先に送り込んだ月探査機「LADEE」が実施中のちり環境探査に干渉する恐れも
あると懸念している。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35040751.html
続きを読む

スポンサーリンク









おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト