脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【日中韓】韓国ネット「日中韓はもっと仲良くしてほしい!」→「絶対無理」「イスラエルとパレスチナが和解する日の方が早そう」

1: 反日犯罪民族 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 11:59:06.63 ID:???.net
「日中韓はもっと仲良くしてほしい!」の書き込みに、韓国ネ...:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/a99701.html


2015年1月12日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日中韓はもっと仲良くしてほしい」と題するスレッドが掲載された。

スレッドを立てたユーザーは、「日中韓には、政治や文化などすべての面で尊重し合える関係になってほしい。日中韓が仲良くなって、北東ア
ジア連合ができたら、欧州連合(EU)よりも素晴らしい相乗効果を得られるだろうし、世界に対して米国並みの力と影響力を持てるだろう」と書き
込んでいる。

これについて、ほかのネットユーザーが以下のようなコメントを寄せている。

「そんなことは夢のまた夢」

「そこまでではなくても、もう少し仲良くしてほしい」

「今までもずっと憎み合ってきたんだから、これからも絶対無理」

「まずは、中国人の反日感情をどうにかするべき。韓国人よりも日本を嫌っている」

「イスラエルとパレスチナが和解する日の方が早そう」

「この前、日中韓の学生らが一緒にファレル・ウィリアムスの『Happy』を踊る動画を見て涙が出た。日本政府が素直になって一歩を踏み出せ
ば、日中韓は良い関係になれるのに」

「日中との関係よりも先に、韓国内の問題をどうにかするべきじゃない?」

「EUのように仲良くするには、お互いに利益を与えられないといけない。日中にとって韓国は何の役にも立たないんじゃない?日本と中国だけで
も十分、米国並みの力を持てる」

「正直、日本とはもう少し仲良くするべきだ」(翻訳・編集/篠田)

続きを読む

【韓国】韓国政府が、燃料電池市場の育成へ…シェア20%目標

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/01/08(木) 21:37:16.93 ID:???.net
 韓国政府が高効率・親環境の発電システムである燃料電池産業の育成に乗り出す。燃料電池は2020年に
約40兆ウォン(約4兆3700億円)の市場規模に成長すると予想されているが、韓国はこのうち20%を占めるのが目標だ。

 韓国政府はこのような内容を含む「未来成長動力分野フラッグシップ・プロジェクト推進計画(案)」を8日、発表した。
今回の計画案は官民合同の創造経済推進団および関係部署が合同で提出したもので、未来創造科学部・企画財政部など
創造経済関連の主要8部署の首長と、全国経済人連合会・大韓商工会議所など8カ所の主要経済団体長が参加した
「創造経済官民協議会」で確定した。

 創造経済推進団と産業通商資源部は、民間と共に燃料電池産業発展を推し進め、技術競争力を強化していくことにした。
燃料電池は液化天然ガス(LNG)・バイオガスなどの燃料源から水素を分離させ、酸素と電気化学反応を起こして電気と
熱エネルギーを生産する高効率・親環境の発電システムだ。

 韓国政府は企業と地方自治体が協力して2020年までに約4600億ウォンを投資してさまざまな用途の燃料電池
拡散事業を推進することにした。

中央日報日本語版 2015年01月08日16時46分
http://japanese.joins.com/article/062/195062.html

関連スレ
【国際】 韓国人科学者、人間の「尿」を利用した燃料電池開発に着手=環境にも有益[06/14]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402731139/l50

続きを読む

【日韓】朴槿恵大統領、「新たな対日関係」模索を表明

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 12:12:36.62 ID:???.net
no title

no title

12日、ソウルの大統領府で内外メディアとの記者会見を行う韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同)

 韓国の朴槿恵大統領は12日、ソウルの大統領府で内外メディアと記者会見した。大統領は冒頭で、日韓国交正常化からことし50年を迎えることを挙げ、「日本との新たな関係」を模索していくと表明した。
南北関係をめぐっては北朝鮮に対し、南北離散家族の再会事業を2月の旧正月前後に行うことを提案した。

 朴氏は、歴史問題を原因に安倍晋三首相との首脳会談を拒否する一方、日韓関係について昨年から「新たな出発の元年になってほしい」と口にしていた。

 朴氏は2月下旬に就任から丸2年を迎える。支持率は4割前後と低迷し、8月に5年間の任期の折り返しを迎えるのを前に求心力を高めたい思惑だ。

 だが、昨年末に朴氏の元側近が高官人事に介入しているとの大統領府の内部文書が報道され、先週には文書作成の責任者だった大統領府高官が辞任するなど、政権中枢の混乱も収拾できない事態が続いている。(共同)

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150112/mcb1501121108016-n1.htm

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト