脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【社会】これは言論ではなく、暴力的な威嚇だ…ヘイトスピーチ対策に消極的な日本、「絶対許されない」と考える世界と温度差

1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 10:56:50.20 ID:???.net
ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/shimen/news/20140822ddm003040082000c.html
写真=路上でヘイトスピーチをするデモ隊に対し、「差別デモ反対」の声を上げる人たち=川崎市で2014年7月26日
no title


 人種差別撤廃条約の順守状況を監視する国連人種差別撤廃委員会は21日、ジュネーブで行われた2日間の対日審査を終えた。
人種差別を扇動する焦点のヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡っては、各国の委員らから日本に早期の法規制を求める意見が続出。
憲法が保障する「表現の自由」を理由に従来通りの消極姿勢に終始した日本政府との間で、議論はかみ合わなかった。委員会は
月内にも勧告を公表する。日本政府は厳しい国際世論に背を押されるように対応策の検討に動き出そうとしているが、法規制には
慎重論も根強い。

 ◇国連審査、法規制求める声

 「これは演説ではなく、暴力的な威嚇だ」??。

 20日、非政府組織(NGO)との事前会合で日本のヘイトスピーチのビデオ映像を目にした米国のバスケス委員は、対日審査の場
でこう驚きの声を上げた。他の委員からも「なぜ憲法を盾に『犯罪』として取り締まらないのか」と日本政府に早期の法規制を求める声
が相次いだ。

 日本は1995年に人種差別撤廃条約に加盟したが、ヘイトスピーチの法規制を求める4条については「表現の自由」への配慮などを
理由に留保している。「立法措置が必要なほど人種差別思想の流布や扇動が行われている状況にはない」というのが政府の見解だ。

 今回の対日審査で、ヘイトスピーチを巡る日本政府と外国人委員との認識の差は極めて大きかった。「憲法に定められた
『表現の自由』に触れる恐れがある」として、ヘイトスピーチを取り締まる新法の導入に消極的な日本に対し、バスケス氏らは、
そもそもヘイトスピーチは憲法で守られるべき「言論表現」に当たらないと断じる。

 日本がヘイトスピーチに有効に対処できていないのではないか、との懸念も出た。複数の委員は「警察がデモに付き添っているように
見える」と指摘。日本側は21日の審査で、「公平中立の立場からの警備で、デモを守っているわけではない」と釈明に追われた。

 現地で傍聴したジャーナリストの安田浩一さんは「ヘイトスピーチは絶対に許されないと考える国際社会と、消極姿勢を変えない日本
との温度差が特に印象的だった」と話す。

 もっとも、ヘイトスピーチを巡る法規制のあり方は、世界的にも判断や対策が分かれている。

図表 no title


 欧州には規制に積極的な国が多い。第二次世界大戦でナチスがユダヤ人大量虐殺を引き起こしたドイツでは、60年に民衆扇動罪
が成立。刑法でナチ標識の使用や反ユダヤ主義的な吹聴を厳しく禁止している。英国は65年成立の人種関係法にヘイトスピーチ規制
を盛り込み、フランスも72年に包括的な人種差別禁止法を制定している。

 米国は日本と同様、「表現の自由」を尊重する立場から、ヘイトスピーチの処罰を求めた人種差別撤廃条約の第4条を留保している。
だが、人種差別的な動機に基づく暴力犯罪を行った場合は量刑を通常より重くしている。

>>2以降に続く)

続きを読む

【韓国】韓国のバンド・ROYAL PIRATES、氷水をかぶる「アイス・バケツ」に安倍首相を指名

1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 12:40:24.51 ID:???.net
“アイス・バケツ・チャレンジ”とはALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知度を高めるために
始まったチャリティー運動。参加者は氷水を頭からかぶった後、新たに3人を指定して
キャンペーンへの参加を誘う。指名された人は24時間内に氷水をかぶるか、100ドル
(約1万円)をALS支援団体に寄付するというルールだ。

今回公開された映像でROYAL PIRATESは観客の前でアジア3ヶ国の和合を図ろうという
趣旨から韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領、中国の習近平国家主席、日本の安倍晋三首相
を次の参加者として指名した。

ROYAL PIRATESは「北東アジアの和合と平和を祈願し、すべての人々が共に交わる生活を
願っている。有名人の参加でキャンペーンを知らせ、拡散させようという同イベントの
趣旨に最もふさわしいお三方をあえて指名した」と3ヶ国の首脳を指名した理由を英語で説明した。

続いてROYAL PIRATESは氷水が入っているバケツを頭の上に持ち上げ、氷水を浴びる
ミッションをクリアした。特にJAMESはアイスボックスに残っている水まで浴びるなど、
意義深いキャンペーンに真剣に参加し、現場にいたファンたちから熱烈な応援を受けた。

※本文より抜粋しました。
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2001939

続きを読む

【中国】“タカ派将軍”羅援氏「進軍ラッパ吹いた。フィリピンに懲罰を。台湾はわが不沈空母にしたい」と威勢よく宣言

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 10:31:10.33 ID:???.net
中国戦略文化促進会の羅援常務副会長はこのほど、フェニックステレビの番組に出演し、「われわれはすでに、海洋大国への進軍
ラッパを吹いた」として、政治、経済、軍事などあらゆる分野における海洋の進出を主張した。中国が海に向かう「正面」は台湾として、
「台湾問題が解決したら、われわれが世界に乗り出す際の不沈空母になる」と述べた。さらにフィリピンに対して「今度、戦略的な誤
りをおかしたら、懲罰だ」などと述べた。羅援常務副会長は退役した解放軍少将であり、強硬な主張を繰り返すことから現在でも
「タカ派将軍」と呼ばれている。

羅副会長は、中国が宇宙開発や核兵器を開発したのと比べ、海洋戦略は計画性に乏しかったと述べた。現在は、安全目的という
国家利益のためにも、子孫のために継続して発展する資源を残すためにも、外洋に進出する必要があると主張。

日本列島、琉球列島、台湾、フィリピンを結ぶ線である「第一列島線」に言及し、「第一列島線」の内側にしかいられないなら中国海軍は
「黄色い海の海軍」、「茶色い海の海軍」であり、中国海軍は外洋の進出して「青い海の海軍」にならねばならないと主張した。

羅副会長は、中国が外洋に進出する「正面」は台湾と指摘。台湾は中国の海洋戦略という将棋盤、碁盤における「鍵となる駒」と表現。
しかし現状では「台湾は、中国の台頭を抑止するための、西側国家にとっての不沈空母」と述べ、「台湾問題が解決すれば、台湾は、
われわれが世界に乗り出す際の不沈空母であり、われわれの戦略の前進基地になる」と主張。

ただし台湾問題の現状については「まずまず」と評価し「台湾問題が安定しているが、その両翼で問題が出ている」との考えを示した。

羅副会長は、両翼とは「東シナ海と南シナ海」と説明。東シナ海については「チャンスを待つ」、南シナ海では「チャンスを求める」ことが
得策との考えを示した。

「東シナ海」において、中国にとって最大の関心事は尖閣諸島をめぐる日本との対立と言ってよい。羅副会長は「東シナ海の問題」について、
相手が先に手を出すチャンスを待つべきと主張。中国側は「最初の1発は打たない。しかし、第1発を撃った者に第2発を撃つことはY古さない。
得るものに比べ、第1発の代償がいかに大きいかを思い知らせるのだ」と述べた。

南シナ海については、積極的に行動して「チャンスを求める」べきとの考えを示した。「フィリピンのような一部の国」とフィリピンを名指しして、
「頻繁に挑発している」として「今度、戦略的な誤りをおかしたら、懲罰だ」と述べ「われわれの懲罰はもちろん、軍事的な懲罰だけでない。
われわれには、さまざまな手段がある。政治、経済、外交の各方面。軍事的手段、非戦争の軍事的手段、どれでもよい。彼らに痛みを
味わせなければならない」と述べた。

ソース:サーチナ 2014-08-21 16:49
http://news.searchina.net/id/1541275

続きます

続きを読む

スポンサーリンク









最新記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト