脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国】義理の孫娘を小学生の時から6年間性暴行、2人の子供を生ませた人面獣心の50代に懲役20年

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/19(木) 11:34:10.05 ID:CAP_USER
10代の義理の孫娘を蹂躙して2人の子供を生ませた人面獣心の50代

小学生の時から6年間性暴行...裁判所は、懲役20年断罪

幼い義理の孫娘を長期間性的に蹂躙してきた50代の男性が懲役20年の重刑に処された。

被害者が小学生のときに始まった性的暴行は、高校進学後までなんと6年間継続され、そのため子供を二人も出産したことが明らかになり衝撃を与えている。

水原地裁刑事15部(部長判事キム・ジョンミン)は、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反(親族による強姦)などの疑いで起訴されたA(53)氏に対して懲役20年を宣告し、性暴力プログラム160時間の履修を命じたと19日明らかにした。

A氏は2002年から事実婚の関係を維持してきた女性(60代)の孫娘B(17)さんを相手に人面獣心の犯罪を犯した。

A氏は2011年の秋、親の離婚で一緒に暮らすようになったBさんを「おばあさんに言えば殺す」と脅迫して体を触るなどわいせつしたのに続き、翌年の初めから今年の初めまで京畿道の自宅や車の中で数回にわたってBさんを性暴行したことが分かった。

このため、Bさんは15歳の中学生だった2015年に妊娠することになり、その年の9月に自宅で息子を出産した。

当時、Bさんは誰もいない家の中で一人ではさみでへその緒を切ったことが分かった。

A氏は、出産後一ヶ月もたたない同年10月にBさんを再び性暴行した。

相次ぐ性的暴行に第二子まで妊娠することになったBさんは、最初の出産から10ヶ月後の2016年7月に第二子を出産した。

2016年末にはBさんの携帯電話をチェックして、「ボーイフレンドがいるではないか」と追及してベルトで全身を打ったり、二人の赤ちゃんが眠っている隣で性的暴行した。

なんと6年間続いた性的虐待の中で高校に進学したBさんは、今年の初めに家を飛び出しておばあさんにこれまであったことを知らせ、おばあさんの通報で警察の捜査が始まった。

当時、Bさんはおばあさんに「これ以上このように生きたくない」と言ったと伝えられた。

警察から事件を移管された検察は事案が重大であると判断し、異例の刑事部部長検事が直接A氏を起訴した。

捜査の過程でAさんは、「合意の下に性交した。一部の犯行は全く事実ではなく、妊娠した事実を知らなかった」と主張した。

裁判所は判決文で、「この事件の犯罪事実は、誰が見てもこのようなことが本当に起こったのか二度、三度聞き返さざるを得ないだろう」、「いくつかの事情に照らしてみると、他の性暴力事件とは比較できないほど罪質が不良で国民的公憤を買わざるを得ない」と判示した。

続いて、「被告人に同種犯罪の前科がない点などを考慮しても、健全な性的道徳観念を持つ一般人なら誰でも納得できるような重い刑の宣告が避けられない」と付け加えた。

ただし、裁判所はA氏の個人情報開示請求については、「被害者が被告人と親族関係にあり、公開命令で2次被害が生じるおそれがある」と受け入れなかった。

ソース:聯合ニュース 2017/10/19 05:50(韓国語)
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/10/18/0200000000AKR20171018184100061.HTML

続きを読む

【韓国】チャットアプリで知り合った男性とSEXしてエイズをうつした20代女を拘束(釜山)

1: HONEY MILKφ ★ 2017/10/19(木) 09:49:34.15 ID:CAP_USER
(え)
no title


スマートフォンのチャットアプリで知り合った男性とSEXしてエイズ(HIV)をうつした20代の女と、自分の
ガールフレンドがエイズに感染した事を知りながら数十回売春を斡旋した20代の男が警察に捕まった。

釜山(プサン)南部警察署は19日、売春と後天性免疫不全症候群予防法(伝播媒介行為の禁止)違反
の疑いでA容疑者(26歳・女)を拘束したと明らかにした。

また、売春を斡旋した疑いでB容疑者(27歳)を検挙、取り調べている。

A容疑者は去る8月14日、スマートフォンのチャットアプリで知り合った男性と釜山 東莱区(トンネグ)
明倫洞(ミョンリュンドン)の某モーテルでSEXをした後、8万ウォンを受け取った疑いを受けている。

B容疑者は、自身のガールフレンドであるA容疑者が去る2010年にエイズに感染した事を知りながら、
A容疑者の売春を斡旋した疑い。

警察の調査の結果、A容疑者とB容疑者は去る5月から交際を始めて同棲する恋人関係で、生活費を
賄うためにこのような犯行を起こした事が分かった。

A容疑者は警察の売春取り締まり現場で摘発されて立件されたが、出頭要請に応じなかった。

警察は過去の事件記録を調査して、A容疑者が去る2010年に最初にエイズ感染の判定を受けた後、
相手の男性に伝えて刑事立件された記録を確認、逮捕令状を発行した。

警察は通信捜査で釜山 北区(プクグ)の亀浦(クポ)駅周辺のモーテル密集地域を捜索して、A容疑者
とB容疑者を順に検挙して携帯電話を押収した。

警察でこれらは、「取り締まり前まで10~20回ほど売春して、取り締まり以降は中断した」と供述した。

警察の関係者は、「二人とも定職はなく、お金が必要になる度に売春をしていたようだ」とし、「ボーイ
フレンドのB容疑者もA容疑者とSEXをしたが、エイズ予防協会の統計では感染率は0.1~1%で、感染
していないと見られる」と話した。

ソース:NAVER/釜山・慶南=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0002998353

続きを読む

【話題】朝日新聞「慰安婦報道訴訟 本社の勝訴確定」

1: 動物園φ ★ 2017/10/19(木) 11:17:06.15 ID:CAP_USER
慰安婦報道訴訟 本社の勝訴確定
2017年10月18日01時30分

 朝日新聞の慰安婦に関する報道で「国民の名誉が傷つけられた」として、国内外の56人が1人1万円の慰謝料を朝日新聞社に求めた訴訟で、朝日新聞社を勝訴とした二審・東京高裁判決が確定した。原告側が13日の期限までに上告しなかった。一連の報道をめぐる訴訟で、判決が確定するのは初めて。

 訴訟で対象になったのは、慰安婦にするため女性を無理やり連行したとする故吉田清治氏の証言記事など、1982~94年に掲載された計13本の記事。昨年7月の一審・東京地裁判決は「記事は旧日本軍や政府に対する報道や論評で、原告に対する名誉毀損(きそん)には当たらない」と判断。今年9月の二審・東京高裁判決も一審判決を支持し、原告の控訴を棄却した。

 朝日新聞の慰安婦報道をめぐっては、三つのグループが朝日新聞社に対し集団訴訟を起こしていた。

http://www.asahi.com/articles/ASKBK5GMGKBKUTIL02R.html

続きを読む

スポンサーリンク









最新記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト