脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【速報】池上彰さん、TBSの番組で「安倍政権のピンチには北朝鮮からミサイルが飛んでくる」と発言

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/12(火) 20:22:11.14 ID:MltKIK1r0● BE:284093282-2BP(2000)
冬季五輪はスポーツカーと似てる?池上彰さんが歩く韓国

 来年に韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックは聖火リレーが始まっている。
ジャーナリストの池上彰さんが韓国を取材するシリーズの6回目は、リレーの現場を訪ねるとともに、
経済界やスポーツマーケティングの視点から、冬季五輪開催の意味を探った。

http://www.asahi.com/articles/ASKCP34QFKCPUTQP004.html

続きを読む

【韓国】“ぼったくり”と批判された平昌五輪会場付近の宿泊施設、予約激減で値下げ=韓国ネット「遅い」「でも家でテレビ観戦する」

1: らむちゃん ★ 2017/12/12(火) 21:42:10.24 ID:CAP_USER
レコードチャイナ 2017年12月12日 21時10分 (2017年12月12日 21時33分 更新)
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171212/Recordchina_20171212087.html

2017年12月10日、韓国・SBSによると、平昌(ピョンチャン)五輪期間中の現地宿泊料金のあまりの高騰には「ぼったくり」との批判が出ていたが、最近になって現地の宿泊施設が突如価格の引き下げに乗り出した。これまで断っていた個人客などの事前予約も受け付けているという。

スケート競技場のある東部の都市・江陵(カンヌン)のあるモーテルは、これまで五輪期間中1泊30万ウォン(約3万1000円)としていた小さめの部屋の価格を最近20万ウォン(約2万1000円)にまで引き下げた。近くのペンションも、来年2月の間はベッド1台にキッチン付きの部屋を20万ウォン、ベッド2台にロフト付きの部屋を25万ウォン(約2万6000円)で予約を受け付けることにした。五輪需要を狙った「ぼったくり」との批判が高まり、予約の問い合わせが急激に減ったためという。このペンションオーナーによると、料金を引き下げて以降は問い合わせも増え、外国の大使館からも連絡が入ったそうだ。

江陵市が最近開設した「宿泊施設情報システム」も宿泊費の引き下げに一役買っていると、記事は指摘している。江陵地域の施設579カ所について、予約可能日数と価格を地域別・業種別に公開するシステムだ。関係者によると、200カ所余りが当初価格から30%以上引き下げており、うち58カ所は当初価格の半額まで値下げしたという。

今後江陵市では、法外な価格の宿泊業者に対して建築や消防、衛生分野の合同点検を実施し、税務調査を依頼するなど宿泊料金の引き下げを持続的に誘導していく計画とのこと。

この報道に韓国のネットユーザーからは5000件以上のコメントが寄せられるなど、平昌五輪をめぐる宿泊問題は依然として注目度が高いことが分かる。しかしコメントをみると、「値下げするのが遅いってば」「20万ウォン?まだ調子に乗ってるんだね」「笑わせるな。まだ高い。通常価格まで下げろ」など、まだまだ不満の声が多い。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

【目を覚ませ韓国】近代化のため日韓併合推進した李氏朝鮮 それぞれが生き残るために選んだ

1: らむちゃん ★ 2017/12/12(火) 20:09:16.99 ID:CAP_USER
夕刊フジ2017.12.12
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171212/soc1712120011-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop

「日本は朝鮮半島を軍事力で植民地化し、収奪の限りを尽くした」

 戦後の日韓関係は、このような歴史認識を前提として構築されてきた。だが、これは明らかに「歴史の歪曲(わいきょく)」である。

 李氏朝鮮は1897年、国号を大韓帝国(以下韓国)に変更した。韓国は1905年、日本の保護国となり、日本人統監の支援の下で、自ら近代化への道を歩み始めた。

 ただ、当時の韓国には、近代国家へ脱皮するためのインフラが決定的に不足していた。さらに、儒教による身分制度でがんじがらめだった国家体制を、朝鮮人自身が打破することは極めて困難であった。

 そこで、かつて李朝に反旗を翻した東学党の流れをくむ人々が「一進会」を結成し、日本との合邦運動に立ちあがった。代表の李容九(イ・ヨング)は一進会100万人会員の名義で、全国民に訴える「合邦声明書」を発表した。続いて、韓国皇帝に対する上奏文、曾禰荒助(そね・あらすけ)統監、李完用(イ・ワンヨン)首相へ「日韓合邦」の請願書を出している。

 これに対し、初代統監だった伊藤博文は大反対した。彼の願いは韓国が近代化を遂げ、やがて日本とともに東亜(=東アジア)に並び立つことにあった。

 ところが、その伊藤を、安重根(アン・ジュングン)という人物がハルビン駅頭で暗殺してしまった。安自身は、日露戦争における「日本国天皇の宣戦書」を高く評価し、日本の勝利をたたえている。裁判の過程では、何と「天皇陛下の父君(孝明天皇)を殺害した」ことを、伊藤暗殺の理由の1つに挙げている。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト