脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国】「高コスト低効率の韓国自動車産業、危機克服に政府支援を」 韓国自動車産業協会が懇談会

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/22(火) 23:11:29.44 ID:CAP_USER
「韓国の自動車産業は今、再び飛躍するのか後退するのかの岐路に立っている」

韓国自動車産業協会は22日、ソウル市内のホテルで、韓国の自動車産業に関するグローバル競争力の危機的状況を話し合う懇談会を開催した。懇談会には現代自動車と起亜自動車の社長、ルノーサムスンの常務をはじめ、自動車業界の要人らが出席した。

協会によると、韓国の自動車産業は内需・輸出・生産がいずれも2年連続で減少している。このため昨年の工場稼働率(91.1%)も前年に比べ5ポイント減少した。

懇談会に出席した完成車メーカーと部品メーカー各社は「韓国の自動車産業の『高コスト・低効率』の生産構造が限界に来ている」として「危機を克服するためには政府の支援が必要」と主張した。

韓国自動車産業協会の金容根(キム・ヨングン)会長は「このような危機は4次産業(情報・知識産業)の基盤の弱体化につながるはずで、通常賃金の問題まで重なれば重大な社会問題になるだろう」として「とりわけ根深い労使関係問題の解決に向けて、政府は労働者・使用者・政府の間で中立的な協議機関を稼働させてほしい」と求めた。

労組と通常賃金をめぐって訴訟を繰り広げている起亜自動車の朴旱雨(パク・ハンウ)社長は「産業の特性上、残業や夜勤が多いが、通常賃金(の範囲)が拡大すれば手当が50%増える。起亜自の手当が50%増えれば現代自(労組)も黙ってはいない。そうなれば労働市場でさらに大きな混乱が起きるだろう」と危機感を示した。

金城敏(キム・ソンミン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/22/2017082203578.html

続きを読む

【韓国】「トイレのごみ箱で吐きそうに…」韓国、盗撮取り締まり官の過酷な1日=韓国ネット「韓国はまだまだ捨てたもんじゃないな」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 00:53:12.03 ID:CAP_USER
2017年8月20日、韓国・マネートゥデイが、公衆トイレなどでの盗撮犯罪が急増する韓国で、女性たちの不安を取り除くべく奮闘する専門の女性取り締まり官の1日について報じた。

韓国では盗撮カメラによる犯罪が2011年の1523件から15年には7623件にまで急増した。被害者の95%以上は女性ということもあり、ソウル市では、昨年8月から専門の教育を受けた取り締まり官「女性安心保安官」を25の区に2人1組で計50人配置している。

彼女らは専門の探知機を使って地下鉄駅構内のトイレのほかプール、スポーツ施設、更衣室などを点検している。

ソウル市内のある公園のトイレ。2人の取り締まり官はまず「点検中」の案内をトイレ入り口に立て、探知機2台でそれぞれ点検を始めた。

ねじや窓の隙間も細かく調べるほか、便座の下やごみ箱周辺(韓国ではトイレの個室内のごみ箱にトイレットペーパーなどを捨てることが多い)に落ちたごみも拾い上げて確認、公衆トイレ1カ所(4個室)の調査に30分弱をかけ、1日で平均15カ所ほど点検する。

「排せつ物の付いたごみや、きちんと流されていない便器を見ると吐き気がする」こともあるそうだが、女性が安全に暮らせる国をつくるという使命感を持って業務に臨んでいるという。

しかしこうした大変な苦労にもかかわらず、この1年間で取り締まり官50人が見付けた盗撮カメラは0台。私有の施設を徹底して調査できないためだ。ある取り締まり官によると「モーテルやDVDカフェ、カラオケなどはたくさん見付かりそうだが、協力してくれない」とのこと。

施設側は「保安官の調査で盗撮カメラが発見された場合は警察に通報しなければならず(事件の悪評につながりかねないため)、お金をかけても私設の探知会社に依頼している」と話す。

韓国のネットユーザーからは、取り締まり官に対し「お疲れさま。ありがとう」「こういう方のおかげで『韓国はまだまだ捨てたもんじゃないな』と思える」と感謝の声が上がる中、「盗撮カメラを売るやつも買うやつもみんな捕まるべき」など盗撮への怒りの声が大多数を占めている。

また、「非協力的な施設には『ここは盗撮カメラ点検に協力していないため未点検』というステッカーを貼ったらどう?」「『盗撮を取り締まっています』と宣伝するモーテルを利用したい客は多いはず」との提案コメントもなかなか好評のようだ。

この他にも「許可した所だけ調査したら盗撮カメラが0台。これで分かったでしょ?強制的に調査すべき。彼女たちの苦労を無駄にしてはならない」と指摘するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)

http://www.recordchina.co.jp/b188095-s0-c30.html

続きを読む

【韓国】韓国唯一のドーム球場でまた雨漏り=韓国ネット「日本に工事を任せればよかったのに」「韓国は『手抜き共和国』だからね」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 17:14:47.96 ID:CAP_USER
2017年8月21日、韓国ソウルにあるドーム球場「高尺(コチョク)スカイドーム」の天井から雨漏りする様子が中継カメラに捉えられ、騒ぎになっている。同球場は、総工費およそ2000億ウォン(約190億円)、6年の工期を経て15年にオープンした韓国初のドーム球場だ。

問題の映像がキャッチされたのは、20日午後に行われた韓国プロ野球リーグの試合中だった。この日、ソウルほか近郊一帯には一時大雨の予報が出され、実際に強い雨が降ったためソウルの他球場での試合は中止されたが、高尺ドームでは予定通り試合が行われていた。

しかしこの「全天候型」のはずのドーム球場の天井からぽつぽつ雨粒が落ちるという、あってはならない映像が捉えられてしまったのだ。

この時、中継のアナウンサーは「ドーム球場は寒くても暑くても、雨が降り雪が降っても試合ができるのが長所ですが、雨がたくさん降ると雨漏りするのは玉にきずですね」と戸惑い気味に話したそうだ。

KBSの報道によると、屋根に落ちた雨水をためて排水する管がきちんと連結されていないのが原因とみられているという。

同球場の雨漏り問題はこれが初めてではない。昨年5月に「天井から落ちてきた水が当たった」と観客から指摘があった際、球場関係者は「天井から漏れたのではなく、ドーム内部で発生した水蒸気を集め地下に流す管の隙間から水が落ちた」と説明していた。

また同7月には集中豪雨でやはり天井から雨漏りがあり、補修作業が行われた。

相次ぐ雨漏りに、韓国のネットユーザーからは「そのうちドームなのに試合が雨天中止になるかもね」「韓国の建設会社が建てたすべての建物は、天井から雨漏りが基本さ。何をいまさら騒ぐ?」「そりゃそうだ。韓国は『手抜き共和国』だからね」と、事を面白おかしくちゃかすようなコメントが多く寄せられている。

また、「日本に工事を任せればよかったのに」「瓦屋根のドーム球場にすれば、絶対に漏れなかったと思うけど」といった提案も。

さらに「これは100%手抜き工事だ。だとすると、雨よりも雪が降った時に重みで天井が崩れるのでは?」「韓国はどこに行っても問題だらけ。人の命が優先じゃないのか?三豊百貨店(ソウルにあった百貨店。1995年に突然崩壊した)の事故を忘れたのか?」と不安を訴えるコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)

http://www.recordchina.co.jp/b188329-s0-c50.html

続きを読む

スポンサーリンク









おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト