脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【中央日報】 韓国外交部長官 「ハノイ会談での米要求は核廃棄ではない核凍結」

1: 荒波φ ★ 2019/03/21(木) 17:42:10.87 ID:CAP_USER
韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は21日、「2回目の米朝首脳会談で米国が要求したのは核廃棄でなく核凍結」と明らかにした。

康長官はこの日、国会で開かれた南北経済協力特別委員会で「今回のハノイ会談の時、米国は核兵器を含めた生物化学兵器の完全な廃棄を掲げたが、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が拒否してトランプ大統領と最終合意に至ることができずに決裂したのではないのか」という秋慶鎬(チュ・ギョンホ)議員(自由韓国党)の質問にこのように答えた。

「韓国政府と北朝鮮の非核化概念は同じか」という質問には「非核化概念は同じだと考える」とし「そこに到達する金委員長の意志も何度も明言されている」と述べた。

あわせて「金委員長の(非核化)行動を引き出すのが課題」と付け加えた。

このような康長官の言及に対して、同部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は午後の定例記者会見で「18日の国会外交通商委員会懸案報告当時、外交部は米国側のハノイ会談時の立場を詳細に報告したことがある」とし「その時米国側は、非核化の定義に対する合意、すべての大量破壊兵器とミサイルプログラムの凍結、ロードマップ導出に優先順位を置いたと報告した」と説明した。

また別の外交部当局者は「非核化概念が同じ」と述べた康長官の発言に対して「南北米3国首脳は数回にわたって完全な非核化に対して確固たる意志を表示していたことがある」とし「そのような脈絡で理解すればよい」と強調した。


2019年03月21日16時55分
https://japanese.joins.com/article/552/251552.html?servcode=200&sectcode=200

続きを読む

【旭日旗】 「ケネディスクールの旭日旗壁画、削除せよ。日本軍による残酷な被害思い出させる」~韓国系芸術家団体が抗議

1: 蚯蚓φ ★ 2019/03/20(水) 23:47:57.64 ID:CAP_USER
no title


ロサンゼルス(LA)コリアンタウンの真中、ケネディスクールの壁に描かれた旭日旗模様連想壁画(写真)論議と関連、LA地域韓人2世韓国系芸術家と美術キュレーターらを中心に構成された団体がLA統合教育区側に壁画撤去要求とともに、迅速な措置を取るよう促した。これは教育区側が去る12月初め、問題の壁画を消すと発表した決定を翻した後、現在まで何の措置も取られない状況から出たもの。

18日、LAタイムズは韓国系芸術家と美術キュレーターの聨合団体「僑胞(Gyopo)」が教育区側を相手に壁画撤去・変更要求書簡を送ったと報道した。

同紙によればこの団体はLAUSDロベルト・マルチネス地域教育長とモニカ・ガルシア教育委員長に送った書簡で教育区側の沈黙が問題を悪化させていると指摘、壁画問題に対する迅速な措置を取るよう要求した。

同団体は「壁画を描いた芸術家、ボー・スタントンが意図的に旭日旗を描いたりコミュニティを不快にしようとする意図はなかったことは認めるが、旭日旗連想模様が韓国人などが戦争中、日本軍によって体験した残酷な被害を思い出させる」と主張した。

引き続きスタントンが新しい壁画を直接描いたりケネディスクール学校の教職員と学生たちが地域コミュニティと連係して新しい壁画を描くところに参加する方法などを提案した。

<シン・ウンミ記者>

ソース:コリアタイムズ(韓国語) 「ケネディスクール旭日旗壁画除去しなさい」
http://www.koreatimes.com/article/1237275

関連スレ:【旭日旗】 米国LAコリアタウンの公立学校に「旭日旗壁画」~韓人団体が抗議「必要なら法的手段」[11/15]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1542362336/
【旭日旗】 米国LAコリアタウン公立学校の「旭日旗壁画」~冬休みの間に消去へ[12/07]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1544155875/ 
【朝鮮日報】 旭日旗想起の米学校壁画、消去に「待った」 スタントン氏 消去された場合はロサンゼルス統一学区を訴える方針[12/19]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1545176732/

続きを読む

【聯合ニュース】韓国観測史上2番目の大地震「自然発生ではなかった」 地熱発電所が触発

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/03/20(水) 15:21:27.78 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国南東部の慶尚北道・浦項で2017年11月に発生したマグニチュード(M)5.4の地震(浦項地震)について、政府調査研究団は自然地震ではなく近隣の地熱発電所が触発したものだったと結論付けた。大韓地質学会が20日、ソウルで記者会見し、浦項地震に関する政府研究団の調査結果を発表した。

浦項地震は16年9月に慶尚北道・慶州で起きたM5.8の地震に次ぎ、韓国で観測史上2番目に大きい地震だった。

地熱発電は数キロメートルの地下に水を流し込んで地熱で温め、このときに発生する蒸気でタービンを回して発電する。地面を4~5キロほど深く掘る上、地下に水を注入して取り出すプロセスがあるため、地盤が弱くなり断層に応力が加わって地震が起きる可能性がある。

 浦項地震が起きた直後、震源地が地熱発電所から数百メートルの地点だったことを挙げ、科学界では地熱発電所が関係しているとの見方が出ていた。

 産業通商資源部は浦項地震と地熱発電の相関関係を調べるため、国内外の専門家で調査研究団を構成し、18年3月から1年にわたり精密調査を行ってきた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190320001900882?section=politics/index
聯合ニュース 2019.03.20 13:53

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト