脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国】撮影現場は“リアル軍艦島”だった?日本の強制徴用描いた韓国映画に批判の声

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/27(火) 10:46:49.16 ID:CAP_USER
2017年6月25日、韓国・毎日経済によると、日本統治時代に強制徴用された朝鮮半島出身者たちの姿を描いた韓国映画「軍艦島」(リュ・スンワン監督)をめぐる論争が過熱している。

韓国のインターネット上ではこのほど、軍艦島にエキストラ出演したというネットユーザーが「強制徴用レベルだった」と主張する文章を掲載し、波紋が広がっている。このネットユーザーは自身を「軍艦島に召集された朝鮮人の役で出演したエキストラ」と紹介し、「正直、こんなこと言っていいのか分からないが、私はこの映画を撮影した後、二度とリュ・スンワン監督の映画を観ないと決心した」と書き込んだ。その理由について「1日12時間を超える撮影は当たり前で、出演料は最低賃金ももらえなかった。さらに、真夏に撮影している時は顔をやけどするほど日差しが強かったが、日焼け止めを塗らせてもらえなかった。それどころか、スタッフらに『リアリティーがある』と言ってからかわれた」と批判した。

しかしその後、軍艦島にエキストラ出演したという別のネットユーザーが「事実ではない」と反論に出た。同ネットユーザーは標準勤労契約書の写真まで公開した。

これをめぐりネット上で論争が巻き起こると、軍艦島の制作会社は25日午後に報道資料を通じて「全115回の軍艦島の撮影の中で12時間を超える撮影は5回未満だった。やむを得ず追加で撮影をする場合は、全てのスタッフ、出演者から事前に了解を得た後に行った」と釈明した。賃金の問題についても「最低賃金より低い出演料が支払われたというのは事実と違う。全てのスタッフ、出演者と契約を結び、超過撮影時にはそれに伴う賃金を追加で支給した」と主張した。

また、制作会社は「軍艦島の歴史的事実を再現することは全員にとってつらい挑戦だったが、制作チームはスタッフと出演者が最善の環境で働けるよう最大限の努力をした」と強調した上で、「制作チームの思慮が足りなかった部分についてはとても残念に思う。今後はもう少し良い撮影環境をつくるため、より細やかな努力をする」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「がっかり。絶対に見ない」「リアル軍艦島だったようだ。楽しみにしていたのに残念」「主役俳優らを支えているのは脇役やスタッフ、エキストラなのに」「この映画を見たからと言って愛国者になるのではない。収益が被害者らに寄付されるわけでもないしね」などと落胆する声が多く寄せられている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=182406&ph=0

続きを読む

【朝鮮日報/社説】韓国大使館がデモ隊に包囲されたらどんな気分か

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/26(月) 09:37:25.78 ID:CAP_USER
全国民主労働組合総連盟(以下、民主労総)や参与連帯など、90以上の団体からなる「THAAD(米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」)韓国配備阻止全国行動」の数千人の加盟員が週末の24日にソウル都心で集会を開き、駐韓米国大使館の周囲を19分間にわたり取り囲みながらデモ行進を行った。

彼らは「これが同盟か、THAADを持って出ていけ」と書かれた横断幕を持って行進し「THAAD配備決死反対」などと叫び続けた。

集会を主催した団体はこれまでキャンドル集会を行ってきた主要団体とほぼ一致しており、彼らは今回もキャンドル集会の時と同じくハン・サンギュン元民主労総委員長の釈放、国定教科書の撤廃、全国教職員労働組合(全教組)の合法化などを叫んだ。またTHAAD配備がいわゆる「積弊」の最たるものとも主張し、米国大使館の建物にレーザービームで「NO THAAD」と照射した。

崔順実(チェ・スンシル)事件の裁判が進行中のためしばらくはおとなしくしていたが、新政権が発足すると「キャンドルの要求」として文在寅(ムン・ジェイン)大統領に「これまでの約束を守れ」と言い出したのだ。

今回の集会で暴力行為などの不祥事は起こらなかったが、他国の大使館が完全に包囲されたことは極めて異例だ。しかも今回包囲されたのは韓半島(朝鮮半島)で戦争の抑止と平和維持を唯一担う重要な同盟国の大使館だ。

THAADは北朝鮮の核兵器やミサイルから在韓米軍と韓国を守る迎撃ミサイルだ。その配備は誰かが願ったものではなく、どこまでもやむを得ないもので選択の余地はない。

ところが中国は北朝鮮の核開発にはあいまいな態度を取りながら、韓国に対してはTHAAD配備に対する報復を今も続けている。しかし韓国国内で中国に抗議するデモや集会などはほとんど行われていない。

一部の過激かつ極端な思想を持つ団体の妄動とはいえ、米国人が今回のデモを目の当たりにしたらどう考えるか懸念せざるを得ない。もしワシントンや東京の韓国大使館が米国人あるいは日本人によって包囲されるようなことがあれば、韓国人はそれをどう考えるだろうか。

民主労総は28日から翌8日までをいわゆる「社会的総スト週間」とし、30日にはソウル市内で大規模集会を開く予定だという。また先週は建設労組の組合員数千人が通勤時間帯のソウル都心の道路を占拠し、清渓川周辺で夜を明かして抗議行動を続けた。今回のTHAADへの抗議集会もこのスト週間を前に雰囲気を盛り上げるために行われたようだ。

そもそもストにTHAAD問題がなぜ関わってくるのか理解できないが、いずれにしても彼らは重要なテーマとして掲げている。THAADについては韓国国内の議論はもう終わっていなければならないし、実際にそうすることもできたはずだ。しかし、今の文在寅政権が執拗(しつよう)に問題化し、今や民主労総などの過激派がTHAADを口実に米国大使館を包囲するまでに至った。

今週には韓米首脳会談が予定されているが、表向きにはどのような発表が行われたとしても、THAADに対する韓国政府の対応や今回のデモ行進などが同盟に大きな傷を残したことだけは間違いない。


2017/06/26 09:08
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/26/2017062600623.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/26/2017062600623_2.html

関連スレ
【韓国】駐韓米大使館19分間包囲し「THAAD反対」「THAADに使う資金を統一費用に使おう」[06/25]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1498357933/

続きを読む

【韓国・聯合ニュース】トランプ氏 文大統領に破格の待遇へ=「最高のもてなし」

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/28(水) 11:16:11.22 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はトランプ米大統領との首脳会談のため、28日(米東部時間)からの3泊、ワシントン・ホワイトハウス前にある迎賓館「ブレアハウス」に宿泊する。

同館は米政府が外国首脳に提供する迎賓館。韓国の歴代大統領のうち、初訪米でブレアハウスに3泊以上宿泊するのは文大統領が初めてとされる。外交筋は「それほど米国政府が文大統領を手厚くもてなすという意味」と説明した。

最近、ブレアハウスの利用に関する規定が厳しくなり、外国首脳が3泊以上宿泊する場合は極めてまれという。

また、トランプ大統領が外国首脳夫妻を招き、ホワイトハウスで歓迎夕食会を行うのは文大統領が初めてとなる。

トランプ大統領は就任後の4カ月間、外国首脳数十人を招待して会談を行ったが、ホワイトハウスで歓迎夕食会を開いたのはインドのモディ首相が唯一だった。ただ、夫妻の主催ではなかった。

米政府は今回の首脳会談の調整で韓国側に対し、「最高のもてなしをする」との方針を数回にわたって強調したという。


2017/06/28 11:04
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/06/28/0900000000AJP20170628001000882.HTML

ブレアハウス(資料写真)=(聯合ニュース)
no title

続きを読む

スポンサーリンク









おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト