脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【夜回り先生・水谷修】「朝鮮半島に帰れ」 北暴挙で行われる在日朝鮮人への嫌がらせ 男女、同和、障がい者…日本でもある差別

1: ねこ名無し ★ 2017/10/19(木) 06:06:51.05 ID:CAP_USER
みなさんは、日本で今でも多くの差別が存在することに気づいていますか。男女差別、同和問題、在日朝鮮人差別、障がい者差別など数えればきりがありません。私は、高校の教員時代からこの問題に取り組んできました。

差別問題を考えるときに大切なことがあります。それは、差別と区別を分けて考えることです。これを混同すると大変なことになります。私が高校の教員時代、差別問題に対して熱心に取り組んだ1人の女性教員がいました。

あるとき職員会議で、男女の名簿を分けること、男子と女子のトイレを分けること、体育祭において男女の競技を分けることは男女差別であり止めるべきだという提案をしました。

私は、男子と女子はその体型や体力などに生来の違いがある。それを分けることは差別ではなく、区別であり、これは必要なことだと反論しました。

オリンピックにおいても、パラリンピックそのものの存在が障がい者差別であり、装具をつけた競技者も陸上などでは、オリンピックに参加する権利を保障すべきだという議論がありました。

私は、これも必要な「区別」だと考えます。人間は百人百様です。それを区別なしにひとかたまりにして扱うことは、これこそが人権を無視した暴挙だと考えます。

私が教員になった約40年前と比べれば、この差別問題も日本では相当改善されました。男子の聖域とされた職場にも女性の採用が増えていますし、政治の世界でも女性の活躍が目立っています。

同和問題に対しても、同和地域の貧困問題は今も解決できてはいませんが、多くの国民がその不条理に気づき、ある程度の融和は進んでいます。障がい者問題でも、企業や公的施設での雇用も、未だ不十分ですが、広がってきています。

しかし、在日朝鮮人問題については…。「朝鮮半島に帰れ」などのヘイトスピーチ、朝鮮人学校の生徒たちに対する嫌がらせなど、人権を無視した哀しい暴挙が続いています。

私は、古くからたくさんの在日朝鮮人の人たち、若者たちとともに生きてきました。当然、韓国、北朝鮮それぞれの国籍を持つ人たちとです。

かつてこんなことがありました。中部地方のある都市の河川敷に、北朝鮮出身の人たちの集落があります。河川敷は、当然法的に居住は認められていません。戦後の混乱期に、土地を持たない北朝鮮出身の在日の方々が、生きる場として建てたものです。

市と県、国は、超法規的に、それらの建物を小屋として認定し、その強制撤去はせずに時が流れました。当然、小屋としての認定ですから、トイレや風呂の設置は認められません。風呂は銭湯に行くことができますから、なんとかなりますが、トイレはそうはいきません。川の上に足場を組み、そこに板を渡してトイレとしていました。

ところが、ある台風の時に、そのトイレを使っていた高校生がトイレごと川に流され、亡くなりました。これが問題となり、私たちは市や県の議員を通じて陳情し、集落近くの河川敷に共同トイレを設置してもらいました。その完成を祝って、集落と支援者たちとの食事会を開きました。その時、1人のおじいさんから言われました。

「水谷先生、私たちは1910年の日韓併合よって朝鮮半島が日本の領土となってから、45年の太平洋戦争終戦までの35年間、日本国民として、たくさんの仲間たちが日本に移住しました。強制的に移住させられた仲間たちもたくさんいます。

そして、数多くの差別や関東大震災の混乱の中での虐殺を生き延び、日本で働き生きてきました。朝鮮半島への帰還事業で、故郷に戻った仲間たちもたくさんいます。でも、多くの在日朝鮮人にとって、日本による朝鮮半島支配の35年の月日は長すぎました。

私もそうですが、すでに日本語しか話すことができず、また本国の家族や親類も朝鮮戦争などの混乱で亡くなった。多くの在日朝鮮人にとって、日本だけが故郷になってしまいました。そして、日本で働き、税金を納め生きてきました。差別に苦しみながら。

先生、私たちは日本人にはなれないのですか。いつまで、この差別で苦しまなくてはならないのですか」

私は、答えました。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171018/soc1710180037-n1.html

>>2以降に続く)

続きを読む

【韓国】だから日本に2泊で韓国は1泊なのね…トランプ大統領の訪日中の予定を知り、「滞在時間は関係ない」韓国ネットもしぶしぶ納得

1: らむちゃん ★ 2017/10/18(水) 20:33:35.00 ID:CAP_USER
レコードチャイナ 2017年10月18日 19時00分 (2017年10月18日 20時13分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171018/Recordchina_20171018058.html

2017年10月18日、米トランプ大統領の来月のアジア5カ国歴訪について具体的な日程が明らかになり、韓国では文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判する声が高まっている。日本には11月5~7日の2泊3日の滞在となるのに対し、韓国には7~8日の1泊限りの訪問予定であることから、文政権の外交力の弱さが表れた「コリア・パッシング」ではないかと指摘されているのだ。

韓国の保守系野党・自由韓国党は17日、トランプ氏の訪日・訪韓日程に関し「過去、米国(首脳)がアジア歴訪において韓国と日本での滞在日程のバランスを取ってきた点をみるに、(今回の事態は)あってはならないこと」と指摘、「韓米同盟に関するこの間の懸念が現実となった」とする報道官論評を出した。

また、中道系野党・国民の党の安哲秀(アン・チョルス)代表は18日、「全世界の関心事である朝鮮半島問題の当事国である韓国には(日本より)短い滞在日程だ。あらゆる側面で良くない後遺症が予想される」と指摘、今回の韓国のように国賓を1泊2日で迎えるなど「品格のある国ではあり得ない」と糾弾した。

韓国では大手各紙も社説でこの問題を取り上げ、大統領府が「重要なのは滞在時間ではなく内容」「実際の滞在時間は韓国も日本もそれほど変わらない」などと釈明するまでになっている。

一般の国民はと言うと、ネット上では「どうでもいいことでけちをつけるなよ」「幼稚な言い掛かりだ」「じゃあ1週間、1カ月いてくれたらどうにかなるのか?」といったコメントが多数上がり、メディアの指摘を杞憂(きゆう)と受け流す意見が大勢を占めているようだ。また、「米国首脳の国賓訪問は25年ぶりだぞ」「国会での演説は韓国だけらしいじゃないか」と、文政権を評価する声もある。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

【黒田勝弘】日本統治の痕跡消したがる韓国に、日本家屋守る韓国人もいる

1: ねこ名無し ★ 2017/10/18(水) 04:55:32.76 ID:CAP_USER
ソウルにおける和風居酒屋の草分けの一つに「つくし」という店がある。ソウル駅の次の南営駅近くにあって、オープンから約20年になる。ソウル駅前から漢江に向かう大通りを「龍山(ヨンサン)路」というが、店は南営駅前の龍山路をちょっと脇に入ったところにある。軒下に赤提灯をぶらさげ、ソウルでもっとも日本的な雰囲気の居酒屋である。

筆者はこの店を「文化財だよ!」といって、在ソウル日本人はもちろん韓国人たちにもPRしてきた。というのは、店の建物が今やソウルでは数少ない日本統治時代の日本人民家の名残だからだ。

築80年の木造2階建てで、この間、手が加えられ原形は多少崩れているが間違いなく日本家屋なのだ。その証拠に、店に入ると左奥の壁際に階段があり、それをトントンと上がると2階は6畳一間で、床の間や押入れ跡がある。2階は数年前までは畳部屋だったが、今は畳はない。

日本統治時代にどんな日本人が住んでいたかは分からない。ただ、ソウル駅の先の龍山一帯には当時、朝鮮軍司令部があり軍関係者が多く住んでいた。また南営駅の次は龍山駅で、軍関係中心の広大な操車場があり、鉄道関係者も多くいた。

龍山駅は朝鮮半島を北上して満州に繋がる物流の拠点でもあった。それやこれやで龍山は日本人が多く住む“日本人街”だったのだ。

現在、ソウルからは日本統治時代の建物がほとんど消えてしまった。京城駅(現ソウル駅)や朝鮮銀行(現韓国銀行貨幣金融博物館)、京城府庁(現ソウル市庁)など大きな建物は一部保存されたが、日本風民家は都市再開発のあおりでほとんど目にしなくなった。

それだけに「つくし」は貴重だ。赤提灯の「つくし」でそうした歴史を肴に一杯やるのも一興だが、その際、日韓の歴史だけにこだわることはない。実は龍山の歴史はこの地の地政学を背景にもっと国際的なのだ。

歴史を振り返ると、龍山に駐屯したのは日本軍だけではない。高麗時代の元、つまりモンゴル軍や、李朝時代に秀吉軍と戦った明の軍隊、そして清の軍隊……日本軍の後は米軍がやってきた。南山の麓で南に大河・漢江の流れを配した龍山は、昔からこの地の首邑(しゅゆう・ソウル)を押さえる要衝だったからだ。

1945年に日本軍が撤収した後は米軍が進駐し、朝鮮戦争(1950─53年)の後に基地は拡大、強化された。しかしその米軍司令部が今年、半世紀以上にわたる龍山基地をたたんでソウル南方の新しい平沢(ピョンテク)基地に移転した。

龍山基地は広大、頑強すぎて完全移転までには時間がかかるというが、返還される跡地利用をめぐって韓国側では議論がかまびすしい。左翼・革新系の朴元淳(パクウォンスン)ソウル市長にくわえ文在寅政権のことだから軍事色を消した「平和」利用になるのだろう。

知り合いの韓国の歴史学者によると、龍山の米軍司令部には「歴史補佐官」という高級将校がいて、基地内部を案内してもらったことがあるという。彼によると基地内には日本軍時代の建物がかなり残っており、そのまま使われていたそうだ。日本軍将兵の慰霊碑も残っていて、米軍関係者の慰霊碑に作り変えてあったという。

彼はそうした建物の“歴史保存”を主張しているが、イヤな歴史は消してしまい無かったことにしたがる韓国なのでそれは難しいか?

そんな歴史を持つ龍山だから、「つくし」にはがんばってほしい。ちなみに女将は愛想のいい江原道出身の申応礼(シンウンレ)さん。屋号は福岡の「筑紫」ではなく春に芽を出す「つくし」だとか。韓国人が日本家屋を壊さず守ってくれている。

●文/黒田勝弘(産経新聞ソウル駐在客員論説委員)

※SAPIO2017年10月号

https://www.news-postseven.com/archives/20171012_610729.html
https://www.news-postseven.com/archives/20171012_610729.html?PAGE=2

no title

【韓国人女将が切り盛りする「つくし」】
no title

【女将の申応礼さん】

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト