脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【実は3,100台以上燃えていた!】なぜ韓国の自動車はこんなに火事リスクのリコールが多いのか?

1: 昆虫図鑑 ★ 2024/02/22(木) 08:44:27.90 ID:V3tvaHbZ
まず冒頭でお断りしておきますが、筆者の意見ではありません。

米紙『Consumer Reports(コンシューマー・リポート)』が「Why So Many Hyundai, Kia, and Genesis Vehicles Are Getting Recalled for Fire Risks」(なぜ現代と起亜、ジェネシスの自動車は、かくも火事リスクのリコールが多発するのか?)というタイトルの記事を出しているのです。

火事リスクのリコールがまた9万台
タイムリーにご紹介しそこないましたが、2024年02月16日、アメリカ合衆国の『NTHSA』(National Highway Traffic Safety Administrationの略:米国運輸省道路交通安全局)が、

「スターターソレノイドに水が浸入してショートを引き起こす可能性があり、駐車中または走行中にエンジンルーム火災を引き起こす可能性がある」

として、『現代自動車』の2015-16年式ジェネシス、2017-19年式ジェネシスG80・G90、2019年ジェネシスG70の一部など計9万907台のリコールを公表しました。

「また火事リスクのあるリコールなのか」「これで何度目なんだ」と思って当然です。だからこそ『コンシューマー・リポート』も「なぜこんなに火事関連のリコールが多いんだ」という記事を出すのです。

実は3,100台以上が燃えてました
なぜも何も――簡単にいえば自動車がポンコツなせいでしょうが、注目すべきは、同紙が記事内でまとめたリコールの台数です。記事から以下に引いてみます。

(略)

『コンシューマー・リポート』の集計が正しいのであれば、2010年以降で、『現代自動車』『起亜自動車』(ジェネシスブランド含む)の自動車は3,100台以上も火事を起こしています。

「そもそもエンジンの設計がおかしいんじゃないのか?」
上掲のこれらの火事は「エンジンの設計に関連しているのではないのか」という指摘は注目に値するでしょう。

(略)

『コンシューマー・リポート』が示唆しているのは、そういう場当たりな対応ではなく、そもそもの設計がおかしいんじゃないのか?です。

また、以下の事実にも要注目です。

火災関連のリコールは以前から続いている。

2018年、『Highway Loss Data Institute』は、『現代自動車』と『起亜自動車』の一部モデルは、他のブランドの類似車と比較して、クラッシュに関連しない火災保険請求が発生する可能性が2倍以上であることを明らかにした。

2019年、『NHTSA』は消費者保護団体である『Center for Auto Safety』からの陳情を受け、火災に関する調査を開始した。州検事総長グループは同年、複数州を対象とした調査を開始した。

2020年、『NHTSA』はタイムリーにリコールを行わなかったとして、各社に民事罰(総額2億1,000万ドル)を科すと発表。

2021年には、この罰則につながる情報を『NHTSA』に提供した内部告発者に、NHTSA初の内部告発者賞となる2,400万ドルが授与された。

2023年には、両自動車メーカーとも、先にリコールされた車両の追加修理を含め、約400万台のリコールを実施した。

『NHTSA』の欠陥調査室はまた、『現代自動車』と『起亜自動車』の過去のリコール16件の監査を開始した。

同局によると、この監査は、リコールが期限内に出されたか、十分な台数が含まれていたか、適切に報告されたかを評価することを目的としている。『NHTSA』はまた、欠陥と修正が異なるリコールキャンペーン間で関連しているかどうかも調査している。
(後略)

⇒参照・引用元:『Consumer Reports』「Why So Many Hyundai, Kia, and Genesis Vehicles Are Getting Recalled for Fire Risks」

火災リスクに関するリコールが公表されるたびに、

「車両を駐車していても発生する可能性があるため、リコール修理が完了するまでの間、屋外に駐車し、建造物や他の車両から離れるように勧告」

といった勧告が出るのですが、オーナーならうんざりするでしょう。

(吉田ハンチング@dcp)
https://money1.jp/archives/122229

続きを読む

元徴用工訴訟で初の〝実害〟 韓国で異常な手続きが強行 舐められた岸田首相の遺憾砲、効果あるのか? 報復カードを切れ

1: 首都圏の虎 ★ 2024/02/21(水) 17:23:18.40 ID:xiDQ6TLl
◇十八番の「遺憾砲」炸裂させたが効果あるのか

韓国で異常な手続きが強行された。いわゆる「元徴用工」訴訟をめぐり、日立造船の供託金6000万ウォン(約670万円)が奪われるという日本企業として初の「実害」が出たのだ。日韓間の請求権問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」している。韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権は昨年3月、政府傘下の財団に賠償金支払いを肩代わりさせる策を発表し、日韓両政府は関係正常化で合意したはずだった。岸田文雄政権はその後、「通貨交換(スワップ)協定」を再開させるなど韓国に配慮したが、まさに恩を仇(あだ)で返された。国民の生命と財産を守ることは政府の最も重要な責務である。安倍晋三政権では具体的な「報復カード」を準備していたが、舐められた岸田政権は対抗措置を発動するのか。

「日韓請求権協定に明らかに反する判決に基づき、日本企業に不当な不利益を負わせるもので極めて遺憾だ」

林芳正官房長官は20日の記者会見で、日立造船が韓国裁判所に預けた供託金が原告側に渡ったことについてこう述べ、韓国側に厳重に抗議することも明らかにした。

岸田政権の十八番「遺憾砲」だが、本当に効果があるのか。

日韓の請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」している。日本政府は当時、無償3億ドル、有償2億ドルの計5億ドルを韓国政府に提供した。元徴用工に資金が渡らなかったのは、韓国政府の問題である。

それにもかかわらず、韓国側は元徴用工問題を蒸し返し、「反日政策」を推し進めた文在寅(ムン・ジェイン)政権(2017~22年)下では、日本企業に賠償を命じる「異常判決」が相次いでいた。

日立造船にとって、供託金は「自衛」のためだった。2審で敗訴した後の19年1月、韓国国内にある同社の資産が、強制的に差し押さえられるのを防ぐ目的で供託を行っていた。

22年に誕生した尹政権は日本との関係改善を掲げ、昨年3月6日、日本企業の賠償を韓国政府傘下の財団が肩代わりすることなどを表明した。同月16日に東京で開かれた日韓首脳会談では、11年以降途絶えていた首脳同士の相互往来「シャトル外交」の再開で一致するなど、関係正常化に踏み出した。

全文はソースで 最終更新:2/21(水) 17:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/0047f9ac5e5a909b9353c0941652792c72b8ddf2

続きを読む

【日本人には謎シリーズ】韓国ドラマで食事中にクチャクチャと音を立てて食べているシーン OKなのか?

1: ばーど ★ 2024/02/21(水) 12:00:07.04 ID:ue6HAmC4
みなさん、こんにちは~!

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

毎回お届けしています「韓国ドラマによく出てくる不思議な行動シリーズ」は、お楽しみ頂けていますでしょうか?

このシリーズでは、韓国ドラマを見ているときに気になる不思議とその理由を韓国の文化や社会事情なども交えながら楽しく解説していきます☆

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね^^

それでは、今回の不思議を見ていきましょうか?

今回は、食に関するこんな不思議を紹介していきますよ~♪

「食事中は音を立ててもOK?!」
日本では食事中にクチャクチャと音を立てて食べることは、マナー違反や行儀が悪い行為とされることが多いですよね。

しかし、韓国ドラマのなかでは、食事中にクチャクチャと音を立てて食べているシーンが割とよく見られます。

2018年放送の「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」というドラマには、デートで食事を楽しむシーンがたくさん出てきます。

このドラマのなかでも、ヒロインであるユン・ジナが音を立てて食べる姿が見られますよ。

ユン・ジナを演じたのは、世界的にヒットした「愛の不時着」でも知られるソン・イェジンです。

清純派の人気女優なだけに、ドラマのなかとはいえ、クチャクチャと音を立てて食事をしている姿が映し出されるというのはちょっと驚きでしたね!

でも、このドラマのヒロインのように、実際にも韓国では食事中にクチャクチャと音を立てて食べる人が結構多いんです。

韓国の食堂などに入ってみると、食事中のクチャクチャという音が結構聞こえてきたりします笑

日本人は、食事中のクチャクチャという音を気にする人が多いですが、韓国ではそこまで気にしないという人も多いんですね。

どちらかといえば、クチャクチャという音には寛容な国民性かもしれません笑

とはいえ、なかにはクチャクチャという音が気になるという人もいますし、あまりにもひどい場合は、家庭でのしつけがなっていないとか行儀が悪いと思われてしまうこともあります。

韓国は儒教の国ですから、特に目上の人との食事の際はマナーとして、クチャクチャ音にも気をつけた方がいいかもしれませんね。

生活のなかの音から、その国の雰囲気や日常を感じることってありますよね。

そんなところにも注目しながら韓国ドラマを見てみるのも面白いかもしれません。

それでは、次の不思議を見ていきましょう!

■「屋外でも出前してくれる?!」

韓国ドラマのなかには、出前を取って食べているシーンがよく出てきますね。

なかには、公園などの屋外に出前を配達してもらっていることもあります。

家や職場で出前を取ることは日本でもありますが、公園で出前を取るというのはちょっと不思議な感覚ですよね。

実は、韓国には「出前文化」という言葉があるくらい、出前というものは昔から身近なもので、サービスもとっても充実しているんですよ。

お店に電話をして、住所さえ教えれば、いつでもどこでも配達してくれます。

実際にもドラマに出てくるように、チキンを公園まで配達してもらって、ビールでカンパーイという光景も珍しくないんです。

また、夜中でも配達してくれるお店も多く、夜食を注文する人も多いんですよ。

ビールのお供にはチキンやピザ、焼酎に合うタッパルやジョッパルなどの韓国料理、

ジャージャー麵や酢豚といった中華まで!出前できる料理の種類もバリエーションがとっても豊富!

夜にお腹がすいてしまったときや、ちょっと一杯飲みたいとき、わざわざ外に買いに行かなくても、出前で自宅まで届けてもらえるというのは嬉しいですね。

最近は、スマホから注文できるアプリも大人気です!出前文化がさらに進化していますね。

アプリからなら、食べたいものや近くのお店が一覧で出てくるので探しやすいですよね。

しかも、お店の電話番号をいちいち調べなくてもボタン一つで注文ができちゃいます!

さらに、アプリからなら注文するだけでなく、決済まで完了するので玄関で支払いをする必要もありません。

注文したら、あとは届くのを待つだけという便利さです!

バリエーション豊富なメニューの中から、好きな時に好きなものを気軽に頼めるというのは羨ましいですね!

以下全文はソース先で

トリリンガルのトミ 韓国語講師/YouTuber 2/17(土) 19:00
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/bbca7294aa22651ab1df56b02f5923d56543fb83

続きを読む

スポンサーリンク









アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト