脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国首相の即位礼正殿の儀への出席】その意義は日韓関係改善にあり

1: ガラケー記者 ★ 2019/10/23(水) 16:43:25.11 ID:CAP_USER
2019年10月22日、中国青年報は、日韓国交正常化以降、最も日韓関係が悪化している中で、韓国が李洛淵(イ・ナギョン)首相を即位礼正殿の儀に出席するよう派遣したことには、日韓関係を改善したいという意図が明白だとする記事を掲載した。

記事は、李首相が22~24日の予定で訪日し、22日に韓国政府を代表して即位礼正殿の儀と饗宴の儀に出席したことを紹介。23日には日本の政界や財界の要人と面会し、24日には安倍晋三首相と会談して文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を手渡す予定で、日韓関係の改善に向けたメッセージが含まれているとみられると伝えた。

記事によると、李首相は日本へ出発する前にSNS上で、「今回の日本訪問を通して安倍首相や日本の政治・経済界の要人と面会し、韓日関係について意見を交換したい」と表明していたという。

記事は、訪日前に日本メディアのインタビューに応じた李首相が来年開催される東京五輪、パラリンピックに関して「成功を期待する」との考えを示したことを紹介。「韓国国内では一部からボイコットすべきとの意見もあるものの、李首相は韓国政府を代表してこのような考えを否定した」と指摘した。また、安倍首相が「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と前提条件なしで対話する」ことを目指していることについて、韓国政府として協力する意向を示していたと伝えた。

その上で記事は、「日韓関係が悪化している中での李首相の訪日は、日韓の対話促進が重要な目的と一般に受け止められている」としつつも、「安倍首相との会見はわずか十数分で、日韓間の問題について深い話し合いはできないだろう」としている。アナリストは、「李首相はこの先、文大統領と安倍首相が会談を行うための雰囲気をつくるのだろう」と分析していると記事は伝えた。
Record china
2019年10月23日(水) 16時20分
https://www.recordchina.co.jp/b754158-s0-c10-d0062.html

続きを読む

【文大統領の国政運営に警告信号】初の支持率30%台に韓国ネットは…「このままじゃ軍事政権よりひどい」

1: ガラケー記者 ★ 2019/10/21(月) 14:05:31.49 ID:CAP_USER
2019年10月18日、韓国・ニュース1は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の職務遂行に対する支持率が就任後初めて30%台にまで下がり「国政運営に警告信号が灯った」と報じた。

韓国の世論調査専門機関が同日発表した世論調査(10月15~17日、成人男女1004人対象)結果によると、「文大統領が職務をきちんと遂行していると思うか」という質問に対し、39%の回答者が肯定評価した。

支持率の下落にはチョ・グク法相の辞任による失望感が少なからず反映されていると記事は分析している。これまで文大統領を支持していた「中道層」と「若者層」を中心に評価が下がったという。

否定評価をした回答者からは、「経済・民生問題の解決の不足(25%)」が最も多い理由として上げられたという。なお、先月は「人事問題」だった。

記事は「支持率の下落が一時的なものなのか、当分の間続くものなのかが注目されている」と伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「文大統領、支持します」などの応援メッセージも見られるが、「大統領になってから何かいいことした?よーく考えても何も出てこない」「話は通じないし、(年内に)高位公職者不正捜査処(公捜処)設置法を成立させるって?このままじゃ軍事政権よりひどい左派の共産国家になる可能性が高い」「文大統領を支持して選んだけど、本当に失望。大統領ってそんなに(勝手にできる)権力があるの?」など文政権への批判が続出している。中には「警告じゃなくて、すでにみんな離れて行ってる」とツッコむコメントも。

ただし、今回の調査の正当性について「対象者1004人中、回答者が16%の360人。世代別の平均は79人、地域別にみると10人。これのどこが世論調査?」と疑問を訴えるユーザーもいた。
Record china
2019年10月21日(月) 14時0分
https://www.recordchina.co.jp/b162053-s0-c10-d0127.html

続きを読む

朝鮮人 サクランボ園とりんご農家を視察

1: おもてなしくん(兵庫県) [CA] 2019/10/21(月) 21:58:44.65 ID:LUElSpXj0 BE:592048191-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
日韓関係が悪化し、各地で両国の交流事業が中止されるなか、21日青森県の南部町では韓国の農協の関係者が青森の農業を学ぼうとサクランボ園を視察し
ました。
南部町のサクランボ園を視察したのは、サクランボの栽培を検討している韓国・イエサン郡の農協関係者およそ40人です。
はじめにサクランボ園の山本又一さんが「日本のサクランボは高級な果物として人気が定着し夏にはこの農園にもたくさんの観光客が訪れます。皆さんも栽
培を考えて下さい」とあいさつしました。
続いて一行は農業用ハウスに移動し、ハウスにはビニールではなくネットをかけることで、必要な風を取り入れて受粉を促し収穫量を増やしていることや、
鳥による食害を防いでいることなどの説明を受けました。
視察団の団長を務めるクォン・オヨン組合長は「韓国のサクランボは実の小さいものがほとんどで適切な品種を植えることが重要だ。山本さんの話を聞いて
メンバーの関心が高まったと思う」と話していました。

視察団の一行は22日は板柳町のりんご農家を見学し23日帰国する予定です。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20191021/6080006411.html

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト