脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【産経新聞/外信コラム】ランキング好きの韓国メディア 今回だけは日本に抜かれたい?韓国にとって日本はいつも“元気の素”

1: 新種のホケモン ★ 2020/04/05(日) 21:12:34.57 ID:CAP_USER
 韓国メディアは昔から世界ランキング(順位)が大好きで、国際信用度など経済問題はもちろん、あらゆる分野で韓国は今、何番目か、順位表がしょっちゅう紹介される。他国と比べ「われわれもがんばろう」と元気が出るからだが、その際、必ず日本の順位が気になる。韓国にとって日本はいつも“元気の素”になってきた。

 新型コロナウイルスについても感染者や死者の数の世界ランキングが毎日、新聞に出る。全部は無理だから「ワースト20」までで、アジアでは中国を除き韓国だけが、今のところ14位で入っている。20位が感染者数5千人台のノルウェーだから、日本はまだ登場していない。

 いくらランキング好きの韓国人でも今回はライバルの日本が見当たらず、韓国がアジアで断トツというのでは落ち着かない。自分たちのランクが下がるのを心待ちにしている感じだ。

 このところ韓国では感染者が減りつつあるのに対し、逆に日本は急増している。このままだと日本のランキング入りは近いかもしれない。韓国人は今回だけは日本に早く抜かれたいと期待している。

 韓国に比べ防疫態勢が後手に回って遅れている感もある日本だが、なんとか感染者数を抑え韓国を喜ばせないようにしなくちゃ。(黒田勝弘)

産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000504-san-kr

4/5(日) 21:00配信

続きを読む

【ボイコットからネチネチ】「東京五輪に未練」安倍政権対応後手と韓国メディア

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/04/06(月) 21:29:59.48 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスの感染拡大で、安倍晋三首相は6日、緊急事態宣言を発出すると表明した。諸外国では「東京オリンピック(五輪)への未練を捨てられなかった」(韓国メディア)などとして、安倍政権の対応が後手に回ったとの厳しい見方が出ている。

トランプ米政権は安倍首相の新型コロナ対策を尊重する姿勢を貫いている。ただ、米国内では日本政府が今夏の東京五輪開催をにらみ「感染リスクをできるだけ低く見積もってきた」(アジア外交専門家)との認識が広がっている。

在日米大使館も3日、日本政府がウイルス検査を広範に行わないと決めたとして、感染状況の把握が困難になっていると指摘。「数週間後に医療体制がどのように機能しているかを予測するのは難しい」として、日本に滞在する米国人に帰国準備を呼び掛けた。

中国でも、政府が日本の新型コロナ対策について批判めいた言動を控える一方、一般市民の間では「なぜもっと強い防疫措置を取らないのか」(北京市民)との声が強かった。中国当局は都市ごと封鎖するなど個人の権利を制限する措置を次々に打ち出している。中国紙は、日本で緊急事態宣言が出る見通しだと報じる記事で、各国の措置とは異なり強制力はないようだと報じた。

韓国では「不透明で消極的な防疫措置により、国際社会から不信感を持たれている」(大統領府)などとして自国と比べて検査数の少ない日本に疑いの目が向けられてきた。

東京五輪の延期決定後に感染者が急増したことから、韓国紙、朝鮮日報は「五輪開催に向け、検査を先送りしてきたのではないか」との見方を報じた。(共同)

https://www.nikkansports.com/m/general/news/202004060000609_m.html?mode=all
日刊スポーツ [2020年4月6日19時34分]

続きを読む

【日韓通貨スワップ】 韓国、必要性を訴える声が相次ぐ

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/04/07(火) 16:46:38.99 ID:CAP_USER
2020年4月7日、日韓通貨スワップ協定の再開について韓国大統領府は「難しい」との立場を示しているが、
韓国の経済専門家らからはその必要性を訴える声が相次いでいる。

韓国メディア・朝鮮日報は2日、韓国大統領府関係者の言葉を引用し「日韓通貨スワップの締結は難しい」と伝えた。
また韓国が日本に対し協議再開の提案をしない考えであることも伝えた。

これに対し一部では「与党(共に民主党)が国会議員総選挙(今月15日)を前に戦略として反日ムードをあおっているため」
と指摘する声も上がっているという。

一方で、毎日経済によると、キム・デジョン世宗大経営学部教授は「新型コロナウイルス感染拡大による第2のIMF危機への対策として
日韓通貨スワップを再開させなければならない」と主張している。

キム教授は「1997年の通貨危機も短期対外債務比率の上昇と日系資金の流出から始まり、その後外国人らが一斉に資金を回収し、
IMF危機が発生した」と説明。その上で「日韓関係は歴史問題などで最悪な状態にあるが、安全保障と経済の分野では重要なパートナー。
日韓通貨スワップ問題は韓国大統領府と韓国政府が動かなければ解決できない」と指摘した。

イ・ジュヨル韓国銀行総裁も「日本との通貨スワップには意味がある。
外国為替市場の安全弁を強化するため中央銀行間の協力を深める努力を続けていく」と述べているという。

また、韓国経済によると、韓国全国経済人連合会のクォン・テシン副会長も
「韓国政府が米国との600億ドル(約6兆6600億円)規模の通貨スワップ締結を発表したことは市場の安定につながるが、
さらなる危機が訪れたときに備え、2008年の金融危機時に効果を発揮した日韓通貨スワップを締結するべき。

円は世界3大安全資産とされる。韓国は現在、中国、スイス、カナダとも通貨スワップ協定を結んでいるが、
大規模な資金流出が起きたときは基軸通貨の方が流動性供給の効果が大きいため日本との協定締結がより効果的だ」と指摘。

さらに「日韓通貨スワップは東アジア内の外国為替・金融市場のリスク拡散の可能性を遮断するという意味で日本にも利益となるため比較的議論しやすく、
輸出規制や元徴用工問題などの難題解決の糸口にもなり得る。民間のルートも積極的に活用するべき」などと主張したという。
https://www.recordchina.co.jp/b784474-s0-c10-d0058.html

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト