脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

BTSは韓国で人気があるのか? 多くの学生は「好き嫌い」以前に「関心がない」

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/09/25(日) 09:53:22.31 ID:CAP_USER
(略)

 このような状況を見て、韓国人はBTSに複雑な心情を抱かざるをえないはず。そう思った私は、この数週間、韓国人との会話の中でBTSの人気について聞いてみた。

 すると、多くの人がBTSの兵役免除の是非については関心を持っているものの、彼らの音楽活動には「関心がない」と答えるのだ。

 そうした反応は、私にとって少し意外だった。

 ちなみに、いま中学校に通っていて来年高校生になる息子に聞いても、学校でBTSの人気がとくに高いわけではなく、あくまでも“たくさんあるK-POPアイドルグループの1つ”としか見られていないという。

学生たちはどう見ているか

 そうなると、ますます韓国でのBTSの人気の実態を確かめたくなる。そこで、大学での講義の時間を利用して、学生に無記名でアンケートを取ってみた。

 もはや政治的イシューとなってしまった兵役について問うのは避け、「アーミーなのか?」「BTSの楽曲をよく聴くか?」「BTSに好感を持っているか?」という3つの質問をしてみた。

 なお、私が教えているのは日本語科の学生で、日本に関心を持っている傾向にあるのと、ソウルにある女子大の1校でのアンケートなので、BTSの好感度に対する1つの目安にしかならないことをお断りしておく。そのため結果を具体的な数値で公表するのは控えたい。

 最初の質問は、アーミーかそうでないかの2択で、「アーミーだ」と答えたのは1割にも満たなかった。だが、この結果はある程度予想できていた。単純に計算して韓国人女子大生の1割弱がアーミーなら、全国では相当な数になるだろう。

 2つ目の質問は、BTSの音楽をよく聴くかそうでないかの2択である。「よく聞く」と答えた学生は、最初の質問で「アーミーだ」と答えた学生とほぼ同数だった。つまり、アーミーであればBTSの音楽をよく聴くが、そうでなければほとんど聴かないということだ。

 特に印象的だったのは、最後の「BTSに好感を持っているか?」という質問に対する答えだった。この質問の回答には、音楽活動以外のみならず社会活動など彼らのさまざまな側面への好感度や関心が反映される。

 回答の選択肢は「好き」「好きでも嫌いでもない」「嫌い」「関心がない」の4択だ。私は「好きでも嫌いでもない」が多いだろうと予想していた。関心がないわけではないが、好きかどうかまではわからない、という意味だ。これだけニュースなどでいろいろ騒がれているのだから、気にはなるだろうと考えていたのだ。

 ところが、彼女たちの多くは「関心がない」と答えた。

おそらく、BTSの兵役をめぐる韓国世論の動きにも、アンケートに答えた彼女たちのような心情が反映されていると思われる。つまり、兵役免除に肯定的な意見が少しずつ増えているようだが、それはBTSの好感度が上がっていることを意味するのではない。

 もしも男子学生に対して同じアンケートを実施すれば、BTSにとって、もっとシビアな結果になる可能性も十分にある。

(略)

要するにBTSの音楽はもとから韓国離れしていたのだ。だからこそ世界で受けた。(平井 敏晴)

全文はソースで
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/71946

続きを読む

「朝鮮半島はただの廊下である」守れない土地にまともな国家はできない

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/09/25(日) 16:52:16.79 ID:CAP_USER
(略)

しかし、そもそも朝鮮半島は守りに適した地形ではなく、そのため朝鮮半島の歴代王朝はひどい目に遭ってきました。李王朝など逃げるのが前提だったほどです。

40年以上も朝鮮について研究し、韓国についての箴言しんげんが多い古田博司先生のご指摘を一つご紹介します。


朝鮮半島はただの廊下

まずは、地理の説明から。中国・北朝鮮・韓国の地図を思い浮かべてほしい。

朝鮮半島の山岳部分は、今の北朝鮮のある北東の方に集中している。逆に、西側は大した山もないほとんど平坦な土地なのである。

つまり一言で言えば、ただの「廊下」なのだ。

私はこの廊下の研究を40年間もしてしまった。明らかな失敗だ。40年経って、やっと廊下だということに気づいたのである。

私が若い学生だった頃、朝鮮半島の研究をする先生たちは、みんな左翼かリベラリストだった。

「悪辣あくらつな日本人が、朝鮮半島を乗っ取り、これを植民地にし、ひどいことをした。戦後雄々おおしく独立した韓国・北朝鮮が、主体的であることを研究で示さなければならない」。

そう教わった。しかしそれは、全部ウソだった。

廊下が主体的になれるわけがない。

平坦な土地だから、歴史を見ても、外敵を防ぐことが全くできていないのだ。

高麗こうらいという国の王様は、三度、契丹きったん族という異民族に攻められて、朝鮮半島の南端まで逃げのびた。

モンゴルには国の北半分と済州島チェジュドを取り上げられ、王子はモンゴル人とのハーフになった。

次の李リ王朝の王様は、豊臣秀吉の軍隊にボコボコにされ、また逃げる。援軍の明みん軍も和睦わぼくして逃げた。

次には、清のヌルハチの息子が南下してきた。奉天ほうてん(現在の中国瀋陽しんよう市に相当する都市)を出発した軍隊が、ソウルを落とすのに、何と2週間あまりしかかからなかった。

王様はもちろん逃げる。

海沿いの江華島こうかとうにいつも逃げるので、ここには逃亡用の王宮まで用意されていた。

つまり、守れない土地なのである。

そんなところに、まともな国家が存立できるわけがないのだ。
(後略)

⇒参照・引用元:『「統一朝鮮」は日本の災難』著:古田博司,飛鳥新社,2018年09月25日 第1刷発行,pp12-13
※強調文字は引用者によります。

全文はソースで
https://money1.jp/archives/89944

続きを読む

鳩山元首相が韓国で講演 「日本が無限責任の姿勢持てば問題解決」

1: アタザナビル(北海道) [US] 2022/09/24(土) 21:11:47.35 ID:3yJ1d/qE0● BE:802462122-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/2mona2.gif
https://news.yahoo.co.jp/articles/71bae3aab67781401210fcb66ed5afdd087d95ce

鳩山氏は講演で、両国関係の改善のためには何よりも「日本の態度が重要」とし、日本が無限責任の姿勢を持てば両国の問題が解決可能だとの見解を示した。

続きを読む

スポンサーリンク









ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト